港北区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

横浜文化賞を受賞した書家 齋藤 香坡さん 綱島東在住 84歳

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena

書には、人生が表れる

 ○…市内で活躍する芸術等の文化発展の功労者の市最高顕彰、横浜文化賞を受賞。日本の書壇を代表する書家の一人で、これまで国内を始め、中国、韓国、台湾等で個展を開催してきた。今年国立新美術館で行われた「日本の書200人選」では、代表書家21人に県内で唯一選抜された。今回の受賞は「全く予想していなかったので驚いたよ」と飾り気のない言葉で喜びを語る。

 ○…書との出合いは高校生の時。親から「字がうまくなるよう、書道部に」と促され入部。せめて一度は表彰されたいと励み、高校2年で実現した。3年では、東京都美術館での大日本書芸院展にアルバイトの資金を注ぎ込み、屏風作品を出品し、高校生の部の最高賞である文部大臣賞に。1000人を越す応募者から選ばれ、このとき「この道に進もう」と心に決めたという。

 ○…鎌倉市出身。幼少期は、近所でも知られたいたずら坊主だった。有名寺院の池の鯉を友人と釣ろうとしたなどエピソードは枚挙に暇がない。大学卒業後は会社勤めと書道という2足の草鞋ながら、意欲的に作品を世に送り出し、書壇のホープとして数々の賞を受賞した。38歳で師から独立し、國藝書道院を設立。支部は全国にあり、今も後進を指導する。

 ○…会社を辞めるか悩んでいた時「まだ辞めないの?」と背中を押した妻と今も2人暮らし。介護や家事も担うが「結局自分の健康のためになる」という柔軟さは作品にも表れる。自由闊達な作風で知られ、尊敬する元鎌倉市長で仏画家の小島寅雄氏から、中国の「書画一体」を学び、現在の表現を得た。発想の源は、趣味の盆栽や植木などさまざま。「書にはその人の生き方が表れる。今も芸道半ば。可能な限り書いていきたい」

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

入江 勝通さん

10周年を迎えた「菊名おでかけバス」の運営団体の共同代表を務める

入江 勝通さん

大豆戸町在住 77歳

12月2日号

榎本 哲也さん

港北区PTA連絡協議会副会長で、オンラインイベントの企画の中心を担った

榎本 哲也さん

新吉田東在住 39歳

11月11日号

阿部 忠男さん

区内子育て支援施設を中心に、バルーンアート制作のボランティアを行う

阿部 忠男さん

新横浜在住 66歳

11月4日号

辻村 功さん

東急東横線の変遷についての講座を行う鉄道車両専門家の

辻村 功さん

日吉在住 65歳

10月28日号

齋藤 香坡さん

横浜文化賞を受賞した書家

齋藤 香坡さん

綱島東在住 84歳

10月21日号

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

港北区在住 25歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

名城のまち小机の歴史と魅力知る

【Web限定記事】

名城のまち小机の歴史と魅力知る

1月に講座とツアーを開催

1月7日~1月7日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook