港北区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

綱島消防出張所の緑化でガーデンデザインを行った 板垣 博英(はくえい)さん 綱島西在住 54歳

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena

「ご近所づきあい」花がつなぐ

 ○…4年前に日吉から綱島へ転居したのがきっかけで、綱島西で広がる緑のまちづくり「つなつなプロジェクト」に関わることに。寄せ植えづくりを始めて、4、5月に区内で行われる、個人や地域の庭・花壇の公開イベント、港北オープンガーデンの際、近所の庭を巡り歩いた。「そこで、地元で庭や花壇づくりに熱心な人々と知り合い、いつのまにか仲間の一員になって、最終的にはガーデンデザイナーの資格も取っていた」と笑う。

 ○…日吉に生まれ育ち、祖父の代までは農家。公務員だった父は、役所の緑化を手掛けたことも。「ただ自分は、これまで自然や緑にそこまで深く関わりがはなかった」。中高一貫校から早稲田大学に入学し、友人らは花形だった金融業界に就職を決めていたが「何かしっくりこなくて」。語学留学後、「企業を育てる手伝いをするというのに惹かれて」金融系でもまだ知られていなかった大手ベンチャーキャピタルに入社した。様々な会社の経営企画などに携わったことが「市みどりアップ事業申請で、事業計画作成をお手伝いするのに役立ったかも」と微笑む。

 ○…学生の頃は勉強ばかりだったが、社会人になってからは、釣り、キャンプ、トレッキングなど、アウトドアの趣味にハマった。「ハマるととても熱心に取り組むタイプ。ガーデニングも同じで、ご近所に花苗を分けたり、庭づくりを手伝ったり。おかげで花をきっかけにご近所との仲が深まった」

 ○…花のつながりは拡大中。庭や花壇づくりをボランティアで手伝っている場所が区外にもあるという。「家にも花を増やしすぎちゃって。でも花で喜んで貰えるのが今はやりがい」と朗らかに笑った。

港北区版の人物風土記最新6

伊藤 健太さん

綱島消防出張所長として積極的に地域と連携した取組みを行う

伊藤 健太さん

鶴見区在住 42歳

5月19日号

酒井 松雄さん

港北区老人クラブ連合会会長を11年務め、区民表彰を受けた

酒井 松雄さん

師岡町在住 92歳

5月12日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

5月5日号

横山 日出夫さん

4月1日、横浜市信用保証協会の会長に就任した

横山 日出夫さん

瀬谷区在住 61歳

4月28日号

漆原 順一さん

4月1日、港北区長に就任した

漆原 順一さん

区内在住 58歳

4月21日号

平田 釉莉(ゆうり)さん

8月に行われるバトントワーリングの世界大会日本代表に選ばれた

平田 釉莉(ゆうり)さん

新吉田町在住 16歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook