戸塚区版 掲載号:2017年4月20日号 エリアトップへ

横浜スカーフ親善大使の6代目メンバーに選ばれた 高梨 明日香さん 名瀬町在住 29歳

掲載号:2017年4月20日号

  • LINE
  • hatena

スカーフ愛を突き詰めて

 ○…カチューシャ替わりにあしらったスカーフと、はじける笑顔が印象的だ。横浜市の伝統工芸「横浜スカーフ」の魅力を広める「親善大使」の6代目メンバーに選ばれた。4月から1年にわたり、各種イベントでPRしていく。「光沢があり、なびいたときにきれいに見えるのが特徴。触れたことのない人も多いので、身近に感じてもらうよう取り組んでいきたい」と話す。

 ○…横浜スカーフとの出会いは昨年4月。当時スタッフとして勤めていた横浜駅東口地下街のインフォメーションカウンターに、ある外国人が「横浜スカーフを探している」と尋ねてきた。「実はその時まで存在を知らなかった。横浜出身として恥ずかしいし、情けない気持ちになった」。それまで「スカーフは年配のファッション」と思っていたが、調べると印象が変わった。「応用は無限大。凝り性の自分に向いている」。結び方や応用を身につけ講師として伝える「スカーフコーディネーター」の資格を取得し、さらに魅力を突き詰めようと親善大使への応募を決めた。

 ○…父が千葉県警に勤めており、小さな頃は千葉県に住んだ。おままごとよりもミニ四駆やプラモデルなど「凝り性」を発揮できる遊びに夢中だった。小学4年生の頃の転校が影響したのか「10代の頃は無口で人見知りも激しかった」という。人と接する楽しさを知ったのが大学院生の頃。アルバイトで務めたジェラート店で、常連客に顔を覚えられ、あいさつを交わす喜びを知る。「どこよりも人と触れ合える」と就職先に選んだのが、東京タワーのエレベーターガールだった。

 ○…現在は大船のショッピングセンターで、店員の接客力向上を図る部署に勤め「これからも仕事はバリバリこなしたい」と力強い。もちろん親善大使との両立が前提だ。「ドラマの主人公や東京都知事がスカーフを使い、注目を集めている。この1年は重要。体調に気を付けて頑張ります」

戸塚区版の人物風土記最新6

安部 力(ちから)さん

戸塚区社会福祉協議会の事務局長に就任した

安部 力(ちから)さん

東京都在住 55歳

5月21日号

新井 鷗子さん

横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月14日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月30日号

小山 晃伸さん

戸塚警察署長に就任した

小山 晃伸さん

矢部町在住 56歳

4月16日号

落合 嘉弘さん

とつか区民活動センターで不登校生の学習指導、外国籍の子への日本語支援を行う「おっちー塾」の顧問を務める

落合 嘉弘さん

茅ヶ崎市在住 72歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月26日号

総合内科を開設

困ったらまず最初に受診すべき診療科として、 「総合内科」を開設しました。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第232回

    男のおしゃれ学

    「いい女といい男」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク