南区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

つるし雛作りの活動が認められ「施設功労賞」を受賞した 中上 光江さん 山谷在住 78歳

絹の手触りに癒され続けて

 ○…中村地区センターが開館した6年前から講座でつるし雛作りを指導。作品はセンター内に飾られ、来館者に安らぎを与えてきた。それが認められ、区民利用施設協会が今年度初めて設けた「功労賞」に。「年を重ねても楽しめるものだから」とその魅力を語る。「どんなに疲れたり、嫌なことがあっても、つるし雛作りで絹を触ると癒される」。

 ○…山手で生まれ、戦後間もなく、おじがいた山谷に移った。そのおじが町内会長を務めていたこともあり、結婚後、自然と地域活動をするようになった。「開港100周年祭の式典に出たのが始まりかも」と今から53年前のことを思い出す。約360世帯の山谷の町内会長になって20年近く。町内会の会議場所がなかったころは自宅で会合を持った。「山裾が3つに分かれていて、まとまりづらいこともある」という地区だが、地域に多い一人暮らしの家に足繁く通うなど行動派。「何日かじっとしていると、胃の調子が悪くなって」と笑顔を見せる。

 ○…区保健活動推進員会の会長も務める。地区センターでは高齢者向けの体操教室を企画。月2回の教室には50人近くが集まる。つるし雛作りは、教室参加者の「習ってみたい」の声から始まったもの。子どものころ、母や祖母の傍らで見て学んだ裁縫の技術を活かし、ほかの人の作品を参考につるし雛を作り上げた。常に心掛けるのは地域貢献の思い。つるし雛講座でも「覚えたら身近な人に伝えて」の言葉を欠かさない。

 ○…夫と2人で暮らす。時間があれば「自然と落ち着く」という寺院を巡る。鎌倉はもちろん、京都や奈良へも足を運ぶ。「4月に大阪で国宝のご開帳があって、心はそっちへ行っている」と笑うが、高齢化や区役所移転に伴うバス路線確保など、地域には課題も多い。「元気でいられるのは地域のために動いているから」。年齢をまったく感じさせず、上品な語り口でこれからも山谷をまとめていく。
 

南区版の人物風土記最新6件

五十嵐 留美子さん

創立20周年を迎えた「合唱団ロンド」で中心的な役割を果たしてきた

五十嵐 留美子さん

3月15日号

大日方(おびなた) 邦子さん

3月9日開幕の平昌(ピョンチャン)パラリンピックの選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

3月8日号

佐々木 建治さん

「あいわパン」の店主で南小学校の児童の要望に応えて給食にパンを提供した

佐々木 建治さん

3月1日号

上田 ますみさん

3月にコンサートを行う合唱団体「コールなおび」でピアノ伴奏を続けている

上田 ますみさん

2月22日号

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

倉澤 俊郎さん

働きやすい職場作りなどが市から評価された「向洋電機土木」の社長を務める

倉澤 俊郎さん

2月8日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク