南区版 掲載号:2012年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

少年サッカー「バディーサッカークラブ」の監督として2度目の全国制覇に挑む 南雲 伸幸さん 宿町勤務 38歳

上達目指す 気持ち引き出す

 ○…県内467チームの代表として7月31日から始まる全日本少年サッカー大会に挑戦する。初出場で初優勝の快挙を成し遂げた2010年以来、2年ぶり2度目の全国の舞台。「チーム全体がまとまっていて、どの選手も得点できる」と、個人技が秀でていた2年前よりも選手全体のレベルは上だという。

 ○…千葉に住んでいた小学3年生のころ、「キャプテン翼」にあこがれてサッカーボールを蹴り始めた。その後、大学までプレーを続けられたのは指導者に恵まれていたからだという。「試合に負けても『いいプレーだったぞ』と言葉をかけてもらえるのは嬉しい」。大学時代に腰を痛めたこともあり、サッカーから離れ、自動車会社に就職。しかし、大学時代の仲間がJリーグで活躍するのを目の当たりにし、サッカーへの熱い思いが心の中にあることを隠せなくなった。15年前、幼児らにスポーツを教える「バディースポーツクラブ」のスタッフとして、指導者の道を歩み始める。

 ○…教える対象は幼稚園児から小学生までさまざま。「うまくなりたいという気持ちをいかに引き出すか」を常に考えている。幼児には成功体験を積み重ねさせ、褒めることを重視。小学校高学年には、失敗の理由を考えさせ、成功への道筋を明確にさせる。”生活=プレー”が持論で「日常生活で困った人を助けられる選手は、チームのピンチを即座に感じ取って走ることができる」という。

 ○…週末はいつも試合で家を空ける。8歳の長女は七夕の短冊に「バディーが日本一になれますように」と願いを込めていた。応援したい気持ちが強くなった長女は最近、チアリーディングを習い始めたという。家族全員が自分とチームを応援してくれていることを肌身で感じる。「神奈川の代表として1戦1戦を大事に戦いたい」。かすれ気味の声がもっと枯れるころ、指揮官に2年ぶり2度目の日本一の座が訪れるだろう。
 

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

倉澤 俊郎さん

働きやすい職場作りなどが市から評価された「向洋電機土木」の社長を務める

倉澤 俊郎さん

2月8日号

藤江 喜朗さん

パンなどを学校給食に提供する「かもめパン」の社長を務める

藤江 喜朗さん

2月1日号

外山 歩さん

市立日枝小学校のPTA会長で南区PTA連絡協議会の会長を務める

外山 歩さん

1月25日号

迫川 敏和さん

大岡小学校「学援隊」などの活動で弘明寺周辺の地域活動に励む

迫川 敏和さん

1月18日号

古澤 和敏さん

アマチュアボクシング元全日本王者で横浜総合高校で指導者として選手を育てる

古澤 和敏さん

1月11日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

コミュニティスタッフ募集

受付事務や案内など40~60代男女が活躍中

http://nagata-cc.com/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元気な活動を紹介

元気な活動を紹介

地域事例、23日に発表会

2月23日~2月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク