南区版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

市建築事務所協会南支部長として区の家具転倒防止器具設置事業に協力する 佐藤 惠さん 唐沢在住 69歳

生活空間を描く女性の匠

 ○…南区を中心に20社が加盟する設計事務所などの団体の代表を昨年から務める。昨年度から家具転倒防止器具設置補助事業を行う南区役所に協力し、支部メンバーが高齢者の家を訪れ、器具に関するアドバイスなどを行っている。「器具を取り付ける場所などを家主と相談しながら決めていくのが難しい」という。支部としては、刻々と変わる建築関係の法律や制度を情報共有することを中心に活動している。

 ○…大阪で生まれ。中学の時、住宅図面を書く家庭科の授業で設計の面白さを味わった。「父方に大工がいたのだけど、その影響かも」と笑う。大学で本格的に建築を学び、設計事務所に就職。当時、女性は珍しかった。建物を支える骨組みの強度を計算するために「そろばんと手計算を繰り返した」という。建築士の夫が住む横浜で独立し、自宅の唐沢から事務所を関内に移して25年以上が経った。

 ○…これまでわずか10平方メートルの建物から製鉄工場、13階建ての団地まで、あらゆる設計を行ってきた。「住宅の設計は女性の方が向いている」という。生活空間のデザインに将来、家族が増えた場合のイメージと”主婦の視点”を盛り込むことを忘れない。最近は凝ったデザインを要望する依頼者も増えた。「法律をクリアしながら、いかに予算の範囲内で希望に応えられるか」と思案する。「設計料を払っただけあったと感じてもらえる仕事をしたい」。ハウスメーカーなどの大手に負けない自負がある。

 ○…学生時代からやっていたテニスで今も汗を流し、当時の仲間とも会う。「友達と会って、しゃべって、飲んで。それが一番楽しい」と笑う。「人の役に立つことがあれば、体が動くうちにやりたい」。同協会では市から木造住宅の無料耐震診断の事業も請け負っており、「一般の方に制度をもっと知ってもらいたい」と願うのは、命を守る家を提供したいから。支部を守りながら、日々前進していく。

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

倉澤 俊郎さん

働きやすい職場作りなどが市から評価された「向洋電機土木」の社長を務める

倉澤 俊郎さん

2月8日号

藤江 喜朗さん

パンなどを学校給食に提供する「かもめパン」の社長を務める

藤江 喜朗さん

2月1日号

外山 歩さん

市立日枝小学校のPTA会長で南区PTA連絡協議会の会長を務める

外山 歩さん

1月25日号

迫川 敏和さん

大岡小学校「学援隊」などの活動で弘明寺周辺の地域活動に励む

迫川 敏和さん

1月18日号

古澤 和敏さん

アマチュアボクシング元全日本王者で横浜総合高校で指導者として選手を育てる

古澤 和敏さん

1月11日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

コミュニティスタッフ募集

受付事務や案内など40~60代男女が活躍中

http://nagata-cc.com/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元気な活動を紹介

元気な活動を紹介

地域事例、23日に発表会

2月23日~2月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク