南区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

南火災予防協会の会長として防火、防災活動に取り組む 早川 達雄さん 高根町勤務 61歳

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena

止まらない真っすぐな思い

 ○…区内200以上の企業などで組織される協会の会長に就任し1年。さまざまな団体と連携し、企業の防火設備の確認など予防啓発活動を行う。協会には30年以上所属し、雲仙普賢岳や神戸の被災地に行ったことも。震災から3年を前に「防災の重要性を再認識させられる」と、表情には固い決意が感じられる。

 ○…厚木市で生まれる。「いたずら坊主だった」という小学生のころ、四肢が麻痺してしまう病気を患い、2カ月の入院と厳しいリハビリ生活を経験。親切に対応してくれた医療スタッフのことを、今でもしっかりと覚えている。「(病気になったことで)優しい気持ちになれるようになった。悪いことばかりではない」と人生の試練を前向きに受け止めた。地理や歴史が好きだった学生時代は、郷土研究を行うクラブに所属。「地元のことを調べた。興味を持つと”ハマって”しまう」と、自らの性格をユニークに表現する。

 ○…さまざまな人の力を借りて病気を乗り越えたことがきっかけで、大学卒業後は患者のリハビリなどを手助けする「あん摩マッサージ指圧師」として、高根町の野村病院に勤務。同時に専門学校へ通い、仕事に必要な資格を取得した後、26歳から協会に携わる。2月末現在、市内で火災件数が最も多い南区の現状については「減少傾向にある協会員や消防団への入会者を増やしていきたい。減災を掲げる各組織が連携を深めることで、少しでも防止できたら」と抱負を語る。

 ○…「気が優しい」という長男は父の背中を見てか、障害者の手助けをする仕事に就いた。「たまに家族で食事に出掛けるかな」と控えめに笑う。「災害はいつ起こるか分からないから」と、交通機関が利用できず食料が尽きるという最悪の事態を想定し、病院から自宅まで40Kmの道のりを歩いたことも。”ハマる”と止まらない真っすぐな気持ちと人に対する優しさで、地域の火災予防に取り組む。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

江澤 康彦さん

横浜植木の商品管理部に勤務し、「神奈川県優良産業人表彰」を受けた

江澤 康彦さん

唐沢在勤 56歳

2月20日号

菊池 秀明さん

2月に開館20周年を迎えた「六ツ川地域ケアプラザ」の所長を務める

菊池 秀明さん

六ツ川在住 40歳

2月13日号

竹川 真理子さん

在日外国人の学習支援などを行う「信愛塾」のセンター長を務める

竹川 真理子さん

中村町在勤 

1月30日号

松島 孝義さん

食品ロスを防ぐ活動を行ったイトーヨーカドー横浜別所店の店長を務める

松島 孝義さん

別所在勤 39歳

1月23日号

大澤 和彦さん

横浜英和学院の事務長で県私立学校教育功労者表彰を受賞した

大澤 和彦さん

蒔田町在勤 62歳

1月9日号

下平 隆宏さん

13年ぶりにJ1に昇格したサッカー・横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

園部 正信さん

美容室を経営し、県の「環境衛生関係功労者」に選ばれた

園部 正信さん

高根町在勤 60歳

12月19日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月20日1:36更新

  • 2月20日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    2月16日19:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銀幕で会える歌丸さん

銀幕で会える歌丸さん

シネマリンで映画上映会

2月15日~2月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク