南区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

母乳育児支援コラム【15】 抱いて、見つめて、話しかけて 保健師 朝倉 きみ子〈長期授乳は母と子に利点〉

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena

病気から守る

 生まれてからしばらくの間、赤ちゃんは母乳の力で多くの病気から守られます。その後も母乳が多くの病気から守ってくれることが最近の研究から分かってきています。例えば、糖尿病や潰瘍性大腸炎、肥満、生活習慣病(心筋梗塞、高脂血症など)などです。その効果は母乳育児を1歳、2歳までと続けるほど強くなります。母乳を早くやめてしまうことは、赤ちゃんのためにならないのです。また、母と子の絆づくりにも大きな効果があります。

お母さんにも

 母親にとっても、閉経前の乳がん、卵巣がんを少なくする効果があると言われています。高齢者になってからの大腿骨の骨折も少なくなります。これらの効果は授乳を長く続けるほど、強くなると言われています。

授乳はいつまで?

 人類が母乳育児を続けてきたのは、医療もない時代からです。そのころは誰も母乳をやめなさいとは言ってこなかったのです。おっぱいをいつまで与えるかについて、医学的な根拠は存在しないのです。その時期はお母さんと赤ちゃんで決めて良いのです。「2歳になるのにまだ飲んでいるの」など、批判的な声かけをしないで、どうぞ周りの方々は見守ってあげてください。

 言葉が話せるようになったら、子どもとおっぱいを通じてお話ししてみてください。例えば「きょうはイチゴの味がするよ」とかいろいろ教えてくれます。

(参考文献『安心の母乳育児―長く続けるために―』母乳育児シリーズ4、日本母乳の会)
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のコラム最新6

雨の季節

〈連載〉さすらいヨコハマ48

雨の季節

大衆文化評論家 指田 文夫

6月10日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

令和3年度の南区運営方針を策定しました

6月3日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は多様でシュウマイ」

5月20日号

会社と地域を元気に

会社と地域を元気に

中区 神奈川県中小企業家同友会

5月13日号

「遊んで学べる畑」を

「遊んで学べる畑」を

保土ケ谷区 自然菜園あかね空

5月13日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

自治会町内会の活動を知っていますか?

5月7日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter