南区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

看護師で「足」をテーマに介護・看護従事者が語り合う企画を行った 池永 恵子さん 井土ヶ谷中町勤務 54歳

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

”一緒に”合言葉に歩む

 ○…看護師、介護士を集めて1月19日に「足カフェ」を初めて開催した。「壁を取っ払って一緒に新しいことに挑戦したかった」と優しい笑顔で胸の内を語る。団塊の世代が75歳以上となる2025年問題を前に、看護・介護などの多職種連携が注目される中、「足の健康」をキーワードに互いが同じ目線で意見交換できる場を作ろうと始めた。「在宅を利用する人が何を必要としているのか、一緒に考えたい」。”一緒に”がカフェのテーマだ。

 ○…5年前に横浜で開かれた学会に参加し、フットケアに興味を持つ。1年後には指導士の資格を取得。訪問先で爪や足をきれいにするケアを取り入れると、口を利いてくれなかった患者が心を開いてくれた。「『あなたが来てくれて嬉しい』と言ってくれた」と振り返って笑う。2年前に始めたフットケアのサークル活動では、メンバーと南区の介護施設を訪問し、高齢者の足を観察するボランティアを行う。訪問した1カ月後に同じ施設へ行くと、施設で働く介護士が利用者の足の健康状態を進んで確かめるようになっていた。「現場で自然に実践してくれていた」とフットケアが生んだつながりを喜ぶ。

 ○…横浜で生まれ育ち、看護師の母に育てられて「何となく自分も看護師になった」と苦笑。20代半ばで結婚・出産するとしばらく現場を離れたが、5年後に訪問看護ステーションで仕事を再開した。「時間の融通が利くから子育てもできる。患者さんが私を認めて自宅に入れてくれることが嬉しかった」と”訪問”へのやりがいを強めた。

 ○…夫と息子、母と4人で保土ケ谷区に暮らす。夫とは年に一度、2人きりで旅行に行くのが定番。全国で行われるフットケア学会に出席する一人旅も楽しみの一つで、知識を深める努力を怠らない。「看護も介護も足のことならつながりやすい。線引きせずに自然と『一緒に』ができる関係にしたい」と心に決める。

南区版の人物風土記最新6

林 海国(りん かいこく)さん

5月から南消防団に外国籍団員として初めて入団した

林 海国(りん かいこく)さん

白妙町在住 36歳

5月14日号

大場 育子さん

介護経験をつづった「育ちゃんの介護人生の道」を出版した

大場 育子さん

永田北在住 50歳

4月30日号

鐘本 漢威(かんい)さん

井土ヶ谷中町の中華料理店「チャイナ飯店」を経営し、子ども食堂を手掛けている

鐘本 漢威(かんい)さん

永田南在住 33歳

4月16日号

田中 武志さん

3月26日付で南警察署の第80代署長に就任した

田中 武志さん

大岡在住 58歳

4月9日号

東 良暁(ひがし よしあき)さん

野球のBCリーグに新しく参入する「神奈川フューチャードリームス」に入団した

東 良暁(ひがし よしあき)さん

井土ヶ谷下町在住 26歳

3月19日号

東郷 なりささん

大岡川沿いの桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」の原画展を開く

東郷 なりささん

戸塚区在住 32歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月24日14:45更新

  • あっとほーむデスク

    5月23日14:00更新

  • 5月22日21:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「早口言葉」の原画展

【Web限定記事】弘明寺の絵本店

「早口言葉」の原画展

30日まで 「魔女の宅急便」挿絵作家

5月21日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク