南区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

看護師で「足」をテーマに介護・看護従事者が語り合う企画を行った 池永 恵子さん 井土ヶ谷中町勤務 54歳

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

”一緒に”合言葉に歩む

 ○…看護師、介護士を集めて1月19日に「足カフェ」を初めて開催した。「壁を取っ払って一緒に新しいことに挑戦したかった」と優しい笑顔で胸の内を語る。団塊の世代が75歳以上となる2025年問題を前に、看護・介護などの多職種連携が注目される中、「足の健康」をキーワードに互いが同じ目線で意見交換できる場を作ろうと始めた。「在宅を利用する人が何を必要としているのか、一緒に考えたい」。”一緒に”がカフェのテーマだ。

 ○…5年前に横浜で開かれた学会に参加し、フットケアに興味を持つ。1年後には指導士の資格を取得。訪問先で爪や足をきれいにするケアを取り入れると、口を利いてくれなかった患者が心を開いてくれた。「『あなたが来てくれて嬉しい』と言ってくれた」と振り返って笑う。2年前に始めたフットケアのサークル活動では、メンバーと南区の介護施設を訪問し、高齢者の足を観察するボランティアを行う。訪問した1カ月後に同じ施設へ行くと、施設で働く介護士が利用者の足の健康状態を進んで確かめるようになっていた。「現場で自然に実践してくれていた」とフットケアが生んだつながりを喜ぶ。

 ○…横浜で生まれ育ち、看護師の母に育てられて「何となく自分も看護師になった」と苦笑。20代半ばで結婚・出産するとしばらく現場を離れたが、5年後に訪問看護ステーションで仕事を再開した。「時間の融通が利くから子育てもできる。患者さんが私を認めて自宅に入れてくれることが嬉しかった」と”訪問”へのやりがいを強めた。

 ○…夫と息子、母と4人で保土ケ谷区に暮らす。夫とは年に一度、2人きりで旅行に行くのが定番。全国で行われるフットケア学会に出席する一人旅も楽しみの一つで、知識を深める努力を怠らない。「看護も介護も足のことならつながりやすい。線引きせずに自然と『一緒に』ができる関係にしたい」と心に決める。

南区版の人物風土記最新6

佐々木 もと子さん

高齢者の健康維持などを目的とする「中村体操教室」の代表を務める

佐々木 もと子さん

中村町在住 91歳

3月4日号

伊藤 久美子さん

画家で2月27日まで中区の「ギャルリーパリ」で個展を開いている

伊藤 久美子さん

別所中里台在住

2月25日号

木澤 尚文さん

【Web限定記事】慶応大学の投手でプロ野球ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けた

木澤 尚文さん

港北区日吉在住 22歳

2月18日号

岡田 隆雄さん

今年度40周年を迎えた横浜市シルバー人材センターの理事長を務める

岡田 隆雄さん

62歳

2月11日号

石井 小夜子さん

南区野球協会の理事長で横浜スポーツ表彰の「スポーツ功労賞」を受賞した

石井 小夜子さん

六ツ川在住 71歳

2月4日号

橋本 陸汰(りた)さん

高校生ウインドサーファーで昨年12月にプロの資格を得た

橋本 陸汰(りた)さん

大岡在住 17歳

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日20:24更新

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク