南区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

フェンシングの世界大会に出場し、ボランティア活動も積極的に行う 並木 愼一さん 山王町在住 68歳

地道な努力で世界へ

 ○…世界各国の50歳以上の選手が集う「ベテランフェンシングチャンピオンシップ2017」をスロヴェニアで10月19日に終え、サーブル部門で2回戦進出を果たした。これまで練習してきたものとは異なる部門に出場。「試合方法が異なる面もあったが緊張はなく、ただやるのみという気持ちで試合に臨んだ」と振り返る。

 ○…山王町出身。フェンシングとの出会いは関東学院大学に入学後。「フェンシング部の活動を見てなんとなく入部した」と笑う。大学では1971年にインカレに出場、74年に全日本選手権に出場するなど多くの大会に出場してきた。

 ○…90年ごろから港運業の仕事と育児のためフェンシングから離れた。2003年には病を患い入院。半身に麻痺が残り、12年間愛犬との散歩やスポーツジムでのトレーニングでリハビリを続けた。その甲斐もあり、15年から、リハビリを兼ねてもう一度フェンシングに挑戦しようと決意した。「中村地域ケアプラザでフェンシングのデモンストレーションを行ったのが再開のきっかけ。体も思ったよりも動かせた」と振り返る。今年に入ってからは、週4回の練習を積む。

 ○…妻と息子と父の4人暮らし。会社を早期退職してからはボランティア活動にも力を入れており、犬猫の里親探しで譲り受けた犬を育て、「人と動物のふれあいクラブ『ぬくぬく』」に参加。愛犬とともに小学校や福祉施設を訪問し、動物との交流活動を行う。ほかにも、子育て支援ボランティアグループで「みなみ・おもちゃ病院」の”おもちゃドクター”として活動。「もともと工作が好きだった。壊れたおもちゃを直して子ども返す時の嬉しそうな顔を見るのが忘れられない」と話す。ボランティアやフェンシングで多忙な毎日だが、今後のフェンシングの目標は「間近に迫っている全日本選手権オープン」と言葉に力が入る。次の大会も注目だ。

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

迫川 敏和さん

大岡小学校「学援隊」などの活動で弘明寺周辺の地域活動に励む

迫川 敏和さん

1月18日号

古澤 和敏さん

アマチュアボクシング元全日本王者で横浜総合高校で指導者として選手を育てる

古澤 和敏さん

1月11日号

川島 進さん

昨年10月から南区選挙管理委員会委員長を務める

川島 進さん

1月4日号

野田 クリスタルさん

漫才コンビ「マヂカルラブリー」のメンバーで2018年は「M-1」制覇の期待がかかる

野田 クリスタルさん

1月1日号

望月 昭さん

県交通安全協会から表彰された大岡小学援隊の隊員として活動する

望月 昭さん

12月14日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

12月7日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

文豪の世界に触れる

文豪の世界に触れる

永田地区センター 講座でゆかりの和菓子も

1月29日~1月29日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 抱いて、見つめて、話しかけて

    母乳育児支援コラム 36(最終回)

    抱いて、見つめて、話しかけて

    保健師 朝倉 きみ子〈喜べば 喜びごとが 喜んで喜び集めて 喜びに来る〉

    1月11日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク