南区版 掲載号:2018年1月11日号 エリアトップへ

母乳育児支援コラム 36(最終回) 抱いて、見つめて、話しかけて 保健師 朝倉 きみ子〈喜べば 喜びごとが 喜んで喜び集めて 喜びに来る〉

掲載号:2018年1月11日号

  • LINE
  • hatena

母乳育児の環境整う

 WHOとユニセフは、母乳育児を保護、促進、支援するため、1989年に全世界の産科施設に対して「母乳育児を成功させるための10カ条」を守ることを呼びかけました。その後の日本の病院、診療所での取り組みが変化してきています。例えば、分娩施設の70〜80%が母子同室を実施していて、出産後30分以内に母乳を飲ませ、欲しがるときはいつでも母乳を与えています。産後すぐにお母さんと赤ちゃんが同室で過ごすことができるようになり、入院中の母乳育児のための適切な環境が整ってきています。

 その結果、生後3カ月の母乳栄養率は約60%と高くなってきました(2010年資料)。私が保健師をしながら子育てをしていた時代はミルク全盛期で母子別室が主流でしたので、赤ちゃんに母乳を飲ませるのに苦労した時代でした。今は誰もが母乳育児を享受できる時代になってきています。現在の一番多い悩みは、いつおっぱいをやめようかというものです。

喜びを共有

 母乳育児の基本的な考え方は、生後6カ月までは母乳だけで育て、その後は補完食(離乳食)を食べさせながら、2歳あるいはそれ以上母乳育児を続けることです。これはWHO(世界保健機構)が認めている考え方です。在宅出産が主流だった時代の日本ではそうでした。その方が精神的に安定した子が育つのです。おっぱいをあげているお母さんが喜びを感じ、些細なことでも喜び、子どもを認め、喜びを共有し、楽しい赤ちゃん育ての時期を過ごしてほしいのです。お母さんに愛されているという絶対的な信頼感が育ち、豊かな人へと成長することでしょう。

 一生に一度のわずか2〜3年の母乳ライフです。お母さんと赤ちゃんで楽しみましょう。

     ◇

 これまで連載させていただきありがとうございました。今回で最終回とさせていただきます。あなたの子育てに少しでもお役に立つことができたのであれば幸いです。
 

9/5家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

蒔田の吉良歴史研究会

講演会の開催、史跡散策、他の歴史研究会との連携、会員の交流などを行っています

https://maita-kira.jimdo.com/

<PR>

南区版のコラム最新6

食物アレルギー治療の大変革

まちのお医者さんが教えます 連載コラム❶

食物アレルギー治療の大変革

完全除去から微量継続摂取へ

1月23日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月23日号

冬場のかくれ脱水にご注意ください

栄養士が教える食育コラム 9

冬場のかくれ脱水にご注意ください

管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

12月12日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

ふれあいがつくる優しいまち

12月5日号

横浜の競馬場・競輪場

〈連載〉さすらいヨコハマ41

横浜の競馬場・競輪場

大衆文化評論家 指田 文夫

11月28日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

11月14日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月7日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月17日21:45更新

  • 1月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

五輪スポーツを体験

五輪スポーツを体験

2月11日、大岡でフェスタ

2月11日~2月11日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク