南区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

「吉野町囃子連」を立ち上げ、お囃子を根付かそうと活動する 松井 清志さん 吉野町在住 68歳

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

新しい伝統に挑む職人

 ○…正月は初詣客でにぎわう日枝神社のそばでお囃子団体を立ち上げて3年。大みそかから元日にかけて神社境内で仲間と演奏し、軽快な笛の音色で参拝客を新春の雰囲気に包んだ。「人前で演奏しないと上達しないから」と温和な表情で語る。

 ○…2014年、お囃子の篠笛を習う知人に勧められ、初めて笛を吹いたら音が出た。それまで楽器とは無縁だったが、中区のお囃子教室に通い始める。「教室では全然音が出なくて」と最初は苦戦。それでも講師の指の動きをビデオ撮影して研究し、徐々に音が出るようになった。吉野町にお囃子はなく、「伝統として根付かせたい」と15年12月、教室の仲間と「吉野町囃子連」を設立。翌年秋の例大祭では、みこしの先導役を務め、「失敗ばかりだった」というが、経験を積んでメンバーは成長。神社から依頼されて演奏するまでになった。

 ○…ハンコ店に生まれ、職人である父の仕事を間近で見ていた。Y校卒業後、店を手伝い「人の仕事を見て盗んだ」。ゴム印製作のこだわりから「必要以上にいじりすぎて、壊してしまうこともあった」と笑う。20代のころ、注文を受けた年賀状印刷のため、両親と数十万枚のはがきを手を真っ黒にして刷ったことが懐かしい。50歳の時、仕事の依頼で訪れた町内の役員が例大祭に携わっていたことから、町内会活動に。みこしは担がず、裏方に徹した。4年前から町内会長を務めるが「リーダーとしてもっと大局を見ないとね」と苦笑い。

 ○…自身が呼び掛けたお囃子活動に多くの人が賛同。「誰かが始めたことをみんなで協力してやれれば」とは町内会活動にも通じる思い。「100年経たないと伝統と言われないから」。干拓完成から350年以上が過ぎた地域で、新しい伝統を生み出そうとしている。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の人物風土記最新6

伊東 晃さん

南区老人クラブ連合会の会長を務める

伊東 晃さん

六ツ川在住 78歳

9月19日号

鈴木 緑さん

保健活動推進員を30年続けて市から表彰された

鈴木 緑さん

三春台在住 75歳

9月12日号

石井 奈津希さん

「全国高等学校フラ競技大会」で優秀賞に選ばれた関東学院中高ダンス部の顧問を務める

石井 奈津希さん

三春台在勤 36歳

9月5日号

伊坂 重憲さん

県内の遊技場業者らで構成される神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

神奈川区在勤 69歳

8月29日号

柴田 浩一さん

横濱ジャズプロムナードプロデューサーで、『ビッグバンド大事典』を出版する

柴田 浩一さん

六ツ川在住 72歳

8月22日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレントとして活躍する

出川 哲朗さん

55歳

8月8日号

加藤 将斗さん

中学生硬式野球の全国大会に出場する「横浜南ボーイズ」の監督を務める

加藤 将斗さん

庚台在勤 47歳

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    9月19日22:33更新

  • 9月19日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月16日19:30更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和楽器 親子で体験

和楽器 親子で体験

23日、箏や琵琶を知る

9月23日~9月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク