南区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

SNSで集めた「書」と自身の書道パフォーマンスを動画で披露している 粟津 紅翔(こうしょう)さん(本名:粟津 成冴) 蒔田町在住 21歳

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena

書通じ 世界の架け橋に

 ○…母、姉たちとともに、新型コロナウイルス感染症の収束を祈願した「書」をSNS上に投稿し、リレー形式でつなぐ「書道チャレンジ」を企画。作品と自身の書道パフォーマンスを動画にした。書道を世界に発信する国際書道教育協会の代表を担う若きリーダーは「墨の落ち着くにおいから気持ちを筆に込めるところまで、書道の醍醐味を世界中に広めていきたい」と前を向く。

 ○…母、姉の影響で3歳から書の道を歩む。雅号「紅翔」は母であり師でもある「紅花」の紅、「空を高く飛び、世界に羽ばたく」との想いを込めてつけた。昨秋には台湾の大学で書道パフォーマンスを披露し、「友情 Friendship」と気持ちを表した。「皆さんの温かい言葉はもちろん、大学から『作品をずっと展示します』と言葉を掛けていただけたことが書道家としてとても光栄で嬉しかった」

 ○…袴姿で10kgを超える筆を操るパフォーマンスは感性のみならず、スポーツ選手のような体力も必要。テニスや弓道で培った腕力に加え、現在も日々のトレーニングは欠かさないという。「書道は中学校を卒業したら、やる機会がない人も多い。外国人だけでなく、日本人にも五感を形にする奥深さを知ってもらえれば」と語る表情に一切の妥協はない。

 ○…大学3年生。マーケティングなどを学んでいる。自宅からリモート機能を使って受ける授業に、人と会って話せるありがたさを改めて実感。学校や地域行事などを運営するイベントサークルに所属する。「まだ具体的なビジョンは決まっていないけど、書道という伝統文化をさまざまな角度から楽しんでもらえる企画を実現させたい」。無限の可能性と書道への熱い想いを胸に、世界で羽ばたき続ける。

南区版の人物風土記最新6

平田 由衣花さん

3児の母で、幼児の人間形成を目的とする「くるみキッズ空手教室」を主宰する

平田 由衣花さん

中里在住 31歳

10月21日号

田中 拓海さん

小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身の初のVリーガー

田中 拓海さん

六ツ川在住 24歳

10月14日号

竹花 康太郎さん

10月9日から福島県で行われる「第55回全日本サーフィン選手権大会」に出場する

竹花 康太郎さん

永田東在住 35歳

10月7日号

北村 正(まさし)さん

9月16日付で南警察署の第81代署長に就任した

北村 正(まさし)さん

大岡在住 59歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月30日21:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

Web使った約40社面接会

Web使った約40社面接会

市企画、10月22日

10月22日~10月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook