南区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

5月に県宅地建物取引業協会横浜南部支部の支部長に就任した 大西 祥史さん 55歳

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena

流れに乗って団結図る

 ○…「横浜南部支部はワンチーム。一丸となって取り組んでいく」。県宅地建物取引業協会の支部長に就任し、そう決意を表明した。南区、港南区、磯子区、金沢区の不動産業者478社が加盟。自身の会社は上大岡に事務所を構える。「(前支部長の)山野井さんが築き上げてきた支部の団結力を、私は次の世代につないでいくための改革を行いたい」

 ○…社会問題化している空き家対策は同支部にとっても大きな課題だ。そんな中、日常生活を奪った新型コロナウイルスが追い打ちをかける。「コロナの影響で家を探す人が少なくなっている。この状況で空き家が増えるのではないか」と危機感を募らせる。難しい舵取りが強いられる中、「柔軟な対応が求められている。極力、行政と連携を図っていきたい。横のつながりをしっかり作っていくことが大切」と気を引き締める。

 ○…情熱を捧げるのが40年以上続けるサーフィンだ。「常に波乗りができるように体力を維持している。機会があれば大会に出たい」。細身でしっかりとした体格に穏やかな口調。若かりし頃はプロを目指すほど熱中した。性格を自己分析すると「流れを見ながら物事を考えるタイプ。客観的に物事を見ながら動くようにしている」。サーフィンそのものが仕事にも生かされている。

 ○…「不動産業は人に夢を与えられる仕事。夢の手伝いをできる仕事。良縁に恵まれると充実感が大きい」と不動産業を通じてひたすら地域と向き合ってきた。今、取り組む課題は空き家対策に加え、狭あい道路の解消や新型コロナ対策などさまざまだ。「若い世代の人には仕事だけの目先で取り組むのではなく、地域を交えた活動の延長として取り組んでほしい」と呼び掛ける。

南区版の人物風土記最新6

田中 拓海さん

小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身の初のVリーガー

田中 拓海さん

六ツ川在住 24歳

10月14日号

竹花 康太郎さん

10月9日から福島県で行われる「第55回全日本サーフィン選手権大会」に出場する

竹花 康太郎さん

永田東在住 35歳

10月7日号

北村 正(まさし)さん

9月16日付で南警察署の第81代署長に就任した

北村 正(まさし)さん

大岡在住 59歳

9月30日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月30日21:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ギターで話題曲挑戦

吉野町市民プラザ

ギターで話題曲挑戦

 講座受講者を募集

10月31日~11月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook