南区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

(PR)

国際ロータリー第2590地区 コロナ禍、支援活動を実施 医師会、こども食堂に寄付

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena
贈呈式の様子。中央は吉田ガバナー
贈呈式の様子。中央は吉田ガバナー

 横浜・川崎市内全55のクラブで構成される国際ロータリー第2590地区(吉田隆男ガバナー)はこのほど、両市の医師会に各100万円、両市49カ所のこども食堂に各10万円を寄付した。

 コロナ禍における各団体の活動支援を目的としたもの。両医師会をはじめ、子どもの未来サポートオフィス(米田佐知子代表)とかわさきこども食堂ネットワーク(佐藤由加里代表)の協力で実現。4月21日には横浜市中区で贈呈式が行われ、横浜市医師会の水野恭一会長と川崎市医師会の岡野敏明会長が出席した。

 吉田ガバナーは「長引くコロナ禍の最前線である医療現場にお役立ていただきたい」と話した。水野会長は「大変ありがたい。ワクチン接種の運用などに生かしていきたい」と感謝していた。

国際ロータリー第2590地区

横浜市中区真砂町4-43木下商事ビル5階

TEL:045-650-2590

https://www.youtube.com/channel/UCn1vLbaPkd6nBKlfnoDiJVQ

南区版のピックアップ(PR)最新6

老後の住まい プロに相談

老後の住まい プロに相談

横浜橋通商店街ふじケアグループ資金計画など提案

10月21日号

老後の住まい プロに相談

老後の住まい プロに相談

横浜橋通商店街ふじケアグループ資金計画など提案

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

一生を共に歩む自分の歯

特別対談 南区歯科医師会・青山会長×

一生を共に歩む自分の歯

南福祉保健センター・野崎センター長コロナ禍における口腔ケア

10月7日号

新生横高の人気上昇中

横浜高等学校 横浜市金沢区

新生横高の人気上昇中

10月7日号

眼瞼下垂症 手術で視界良好

いつまでも「見える」生活を

眼瞼下垂症 手術で視界良好

取材協力/かめざわ眼科

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月30日21:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

Web使った約40社面接会

Web使った約40社面接会

市企画、10月22日

10月22日~10月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook