南区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

4月から神奈川大学の学長に就任した 小熊 誠さん 南区在住 68歳

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena

学生思い より良い教育に

 ○…神奈川大学は2021年にみなとみらいにキャンパスを新設するなど、6年後の創立100周年へ向けて改革の真っ最中。「今までは1人の教員として指導する学生との関わりが多かったが、学長になって面識のない学生ともコミュニケーションを取るようになった。学長であることを明かすと驚かれるけどね」と就任を機に学生に対する見方も変化した。

 ○…井土ケ谷小、南中の出身。野口英世やシュバイツァーの功績に感銘を受け、8歳頃から医師を志した。横浜翠嵐高校在学中、自身が蓄膿症で入院した時に昼夜問わず働く医師を見て大変さを痛感。母に相談したところ「教師が向いてるよ」との一言を受け、新たな進路を決意した。「振り返ると歴史や人と話すことが好きだった。母の観察眼ってすごい」

 ○…筑波大学大学院では主に中国民族について専攻し、神大教授も歴任した宮田登氏の助手を務めていた。宮田氏に沖縄を題材に研究するよう勧められ、沖縄の大学で20年以上教鞭を執った。「当初は理由も分からなかったが、中国を知らないと沖縄を理解できなかった。そのことに気が付いた時、宮田先生の素晴らしさを改めて知った」。研究では、国際性豊かな沖縄を通して世界各国の文化が見えることが大きな発見だった。「沖縄や横浜のように、神奈川大学も多様性に富んだ大学に発展してほしい」と期待を込める。

 ○…09年からは恩師と同じ神大教授に。教員として大切にするのは、学生に寄り添うこと。時に厳しく温かく、ともに涙する場面も。その姿勢は学生の成長を促す。卒業生からは年賀状や今回の就任祝いの連絡が届く。「学生思いの先生が神奈川大学には多い。そんな先生をさらに増やし、より良い教育をしたい」

南区版の人物風土記最新6

田中 重雄さん

地元産の竹を使って竹細工を作る「竹遊会」のメンバーで、普及活動を行う

田中 重雄さん

永田南在住 77歳

6月23日号

伊草 祥子さん

市立南図書館の司書で、地域で読書の魅力を伝える活動に取り組む

伊草 祥子さん

弘明寺町勤務 28歳

6月16日号

坂本 和枝さん

今年4月から「南区ゲートボール連合」の会長を務め、競技普及に取り組む

坂本 和枝さん

井土ケ谷中町在住 81歳

6月9日号

金子 裕さん

南消防団の本部部長で藍綬褒章を受章した

金子 裕さん

真金町在住 68歳

6月2日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

南太田出身 36歳

5月26日号

竹森 智さん

建設・不動産会社「大東建託横浜南支店」の支店長を務め、SDGsの推進に取り組む

竹森 智さん

浦舟町勤務 53歳

5月19日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランチと落語を

ランチと落語を

7月2日、馬車道のホテル

7月2日~7月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook