保土ケ谷区版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

県立保土ケ谷公園で開催中の「園芸療法・入門講座」で講師を務める 玉木 ゆう子さん 星川在住 52歳

植物の「癒し効果」、多くの人に

 ○…自身が所属する「NPO法人・日本園芸療法研修会」は、園芸の特長や性質を利用してリハビリや福祉、教育の現場で活かしてもらおうというコンセプトの下、全国250人の会員が都内を中心に様々な活動を展開する。保土ケ谷区では2回目となるこの入門講座で、スタッフの一員として講師やサポート役を担当している。「まずは、多くの方に『園芸療法』を知ってもらえるきっかけになれば」と、明るい笑顔を見せる。

 ○…今では保土ケ谷公園の園長などもレクチャーを受け、その考え方が公園づくりに活用されているこの療法との出会いは4年前。男性に交じり、プロの造園業者として活躍していた頃、母親が認知症になり「知識を活かした介護方法を」と、必死に模索していた最中だったと、当時を振り返る。

 ○…ちょうどその頃、自宅を改修して高齢者向け集合住宅の運営を開始。「いずれは、そこで実践できれば」という思いも重なり、園芸療法を着々と修得していった。水遣りなどの世話をして、成長を助けるという植物との関係性を見出し、充実感などを味わってもらえるよう手助けする、といった本質的な役割はもとより「植栽作業などの時に、ちょっとシャベルを取るといった動作が良いリハビリになるんですよ」とニッコリ。さらに自然の中で土に触れる事による心理的作用なども大きいのだとか。

 ○…理学療法とは異なり効果を数値化する事が難しいとされる園芸療法。その効果には個人差もあり、公的支援が受けにくいというジレンマを抱えながらも、「お年寄りや身体の不自由な方に、園芸を通して達成感を味わって貰えた時が、やっぱり嬉しいですね」としみじみ語る。実は、園芸の世界に本格的に没頭できるようになったのは子育てを終えた後からとの事。世間的には「遅咲き」なのかも知れないがプロの職人として、また園芸療法の伝道師として、日々成長を続けている印象を、強く受けた。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

大庭 公善さん

働き方改革を進め、横浜市から認定を受けたグランコーヨー(株)代表取締役

大庭 公善さん

1月25日号

三村 秀樹さん

日本人として初めてアイルランド大統領功労賞を受賞した

三村 秀樹さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

塩川 藤吉さん

神奈川県美化運動推進功労者表彰を受賞した

塩川 藤吉さん

1月4日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク