保土ケ谷区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

6月3日からKAAT神奈川芸術劇場で舞台『アドルフに告ぐ』に出演する 鶴見 辰吾さん 市内在住 50歳

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

「心」込め役づくりに全力

 ○…手塚治虫の問題作『アドルフに告ぐ』が舞台化。その出演依頼に「ぜひやりたい」と応じた。ヒットラーの出生に関する秘密文書を巡り、ドイツと日本を舞台に男女の運命が翻弄されていく物語。「読み応えがあったのを覚えています」と若いころに原作を手にしている。「演劇は同じメンバーで何回も公演します。だから持続できる魅力的な作品であることが重要です」と今作品に入れ込む。

 ○…大作なだけに、どう凝縮するのか楽しみだったという。実際に台本を手にし「見事に戯曲化しています」と目じりを下げた。舞台では、物語を進行する重要な役回りの「峠草平」(ジャーナリスト)を演じる。「戦前の人らしく骨のある人物。頼りがいがあって、飾らない人柄にあこがれます」。俳優は役に入り込んで情緒的になりやすいものと指摘、「ジャーナリストとして客観的な視点を持つ峠の役に、そのバランス感覚が問われますね」と役づくりの妙味を語った。

 ○…東京都出身、中学生のころに叔母がオーディションに応募したことをきっかけに俳優の道へ。昔から好きだったという横浜には18年前に越してきた。今公演の会場が横浜市内であり「近くていいですね。とても素晴らしい劇場です」とにっこり。また市内在住ということもあって出走した3月の横浜マラソンでは、初の42Kmながら、4時間を切り話題になった。11年前から乗っている自転車、またジョギングに加え最近は、散歩も趣味に。「東横線の反町から横浜までの旧路線は好きですね。妻とたまに歩きますよ」

 ○…俳優として大切にしていることは「心です」ときっぱり。「人前で演じて何かを伝える仕事。技術的なことよりも、心が伴わないと意味をなさない」と言葉に力がこもる。戦前戦後を舞台に、フィクションながら現実の問題を取り上げた今作品について「戦後70年、平和を考えるきっかけになれば」と期待する。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

23歳

10月22日号

堀 功生さん

保土ケ谷区連合町内会長連絡会の会長に就いた

堀 功生さん

初音ケ丘在住 73歳

10月15日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月1日号

廣嶋 玲子さん

テレビアニメ化される児童書『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の著者

廣嶋 玲子さん

39歳

9月17日号

三村 大輔さん

保土ケ谷産ワインづくりプロジェクトで原料となるぶどうを栽培する

三村 大輔さん

川島町在住 40歳

9月10日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

72歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク