保土ケ谷区版 掲載号:2015年6月4日号 エリアトップへ

身近な物をキャンバスにした油絵の作品展を開いた 大山 勝治さん 川島町在住 73歳

掲載号:2015年6月4日号

  • LINE
  • hatena

枠、型にとらわれない

 ○…襖や障子、油絵用のパレット、ドア、ザル、座卓の天板、かまぼこの板、ホタテの貝殻――。身近にある、ありとあらゆる物がキャンバスへと変わる。5月末まで保土ケ谷公園内のギャラリースペースで個展を開き、「青」と「四季」をテーマに全国各地の景色を描いた約30の油絵作品を展示。日常生活の中にある品々に油絵具を乗せ描く独創性に富んだ作風は大きな話題を集めた。

 ○…日本三大急流に数えられる最上川を抱える山形県大石田町で生まれ育った少年は、8歳の頃から近くに暮らす画家の家に出入りするようになり絵画の世界に没頭。中学生の頃に都内で開かれた絵画展でゴッホが幼少期に描いたという犬の絵を目にした時、心に抱いた想いは鮮明だ。「後にその凄さを知ることになるんだけど、その時は自分でも描けるのではないかと感じた」。高校卒業時「画家として生きていきたい」と両親に思いのたけを伝えるも許されず、都内の大学に進学した。

 ○…学業に精を出すも絵画への想いは断ち切れず、創作活動を本格化。鉄鋼メーカーに就職した後も筆をとり続け、数々の作品を生み出す中、自身の作品が展示されている画廊喫茶に通い詰めるうちに奥深いコーヒーの世界が琴線に響いた。自宅を訪れる客に「どうぞ」と振る舞う一杯は豆をミルで挽き、サイフォンで淹れることにこだわる。食卓の棚には豆の挽き方に合わせタイプの異なるいくつものミルが並ぶ。

 ○…個展に訪れた女性と30歳で結婚。大田区内のアパートで新婚生活をスタートさせたが「部屋中が絵でいっぱいになっちゃってさ。自分は押入れに寝ていたんだもの」。豪快に笑い飛ばすが、40年前に居を構えた川島町の自宅も現在は作品で溢れる。「壁画を描きたいんだよ。町内の人たちの肖像画を描くのもいいかもな」。川島町に暮らす衰え知らずのアーティストはエネルギーに満ち溢れている。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

26歳

6月23日号

森谷 恭子さん

横浜市幼稚園協会の保土ケ谷支部長を今年度から務める

森谷 恭子さん

育和幼稚園園長 63歳

6月16日号

竹内 俊樹さん

5年前の就任以来、躍進を続ける保土ケ谷高校陸上部の顧問を務める

竹内 俊樹さん

川島町在勤 31歳

6月9日号

西窪 弘忠さん

滝ノ川あじさいロードの整備を行う「花咲かせ隊」発起人のひとり

西窪 弘忠さん

峰沢町在住 85歳

6月2日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

36歳

5月26日号

矢本 大祐さん

地域の清掃や健康づくりなどに取り組む社会人スポーツクラブ「西谷AFC」の代表

矢本 大祐さん

上星川在住 32歳

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook