保土ケ谷区版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

横浜市医師会の会長に就任した 白井 尚(たかし)さん 市内在住 58歳

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena

日々、患者さんの視点で

 ○…会員数3600人。全国の郡市医師会としても有数の規模を誇る組織の舵を取る。地域医療の充実を掲げ、市内3カ所の夜間急病センターの運営、18区での休日急患診療に取り組むほか、地域医療連携拠点の運営、看護師養成、在宅医療支援などに力を入れる。「会員の先生方も皆、自分の診療の傍らで、一生懸命医師会活動をしてくれている。日々患者さんを見つめる我々だからこそできることを追求していきたい」

 ○…小学生の頃、骨肉腫を疑われ、足切断の危機に見舞われた。母親が病院という病院を駆け回り、ようやく「足を切断しなくても治療ができる」という診断にたどり着いた。「絶望の闇に光が差した。あの診断がなければ今の私はない」。自分に希望をくれた主治医との出会いが人生を決定付け、医師を志すように。高齢化社会を見据え、泌尿器科の専門医として緑区に1995年、「みどりクリニック」を開業した。

 ○…開業時は周辺に開業医も少なく、地域の医療機関同士の連携体制も整っていなかった。難しい症例への対応など連携は絶対に必要だと感じ、地域の泌尿器科の医師たちと連携の会を設立。基幹病院と地域の診療所との「病診連携」の基盤づくりに努めた。「次は『診診連携』。診療所同士が上手く協力し、より細かな医療ニーズに応えていく必要がある」

 ○…数年前、前立線ガン検診が市の予算から消滅する危機の際には、市医師会の会員らと奔走し、なんとか守り通した。「検診は病気を早期発見し、治療するための最良の手段。この重要性は医師ならば誰でも強く感じているもの。だから皆一生懸命守った」。そんな経験があるからこそ、現在の健康診断受診率の低さを危惧せずにはいられない。「胃、肺、乳、子宮がん検診の受診はもっと周知していかなくては。いつも患者さんの視点で」。健康のありがたさを痛感した経験を原動力に、まい進する。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

川村 敏巨さん

保土ケ谷区剣道連盟の会長に就任した

川村 敏巨さん

上菅田町在住 63歳

6月17日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

萩原 聡敦さん

(公財)横浜市老人クラブ連合会主催のかがやきクラブ横浜将棋大会で優勝した

萩原 聡敦さん

今井町在住 62歳

6月3日号

寺山 洋司さん

権太坂境木自治会で150号の発行を迎えた「安全・安心たより」の発案者

寺山 洋司さん

55歳

5月27日号

北川 有紀さん

ほどがや市民活動センター「アワーズ」のセンター長に就任した

北川 有紀さん

神奈川区在住 34歳

5月20日号

山田 真由美さん

「郵便局スタジオ」でカメラマンを担当した

山田 真由美さん

坂本町在住 50歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter