保土ケ谷区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

県立保土ケ谷公園で1月31日まで和紙ちぎり絵展を開いている 佐藤 抄子さん 花見台在住 66歳

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

感謝の念 和紙に重ねる

 ○…「どこまでちぎり絵で表現できるか常に考えています」。ボランティアで区内を中心に和紙ちぎり絵を教え、県立保土ケ谷公園内のギャラリースペースで、日本画の模写作品など生徒らの作品を含む23点を展示している。和紙ちぎり絵独特の風合いと世界観が話題を呼び、連日多くの来場者を集めている。

 ○…20年前、退職を機にちぎり絵を習い始めた。「油絵や水彩画のように変幻自在に表現できる」とその魅力にのめり込み、どこまで和紙で表現できるか挑戦を楽しむように。15年前からは、地域に家に閉じこもりがちな高齢者がいることを心配し、「和紙ちぎり絵で交流の場を」とボランティアで教室を主宰。区内を中心に30人の生徒をもつ。「わたし結構おしゃべりだから、生徒さんが集中して黙った時は、『みんな息してる?』とか話しかけちゃうの」と屈託のない笑顔を見せる。

 ○…長崎県出身。陶芸家の父の工房に来客や友人が集う環境で育ち、社交性が身ついた。チョコレートの包み紙をきれいに保管し、クリスマスには飾りつけを作るなど、幼少期から紙は身近な存在だった。「今でももったいないと思ったら、お菓子の空き箱にちぎった紙を貼ってみたり、包装紙を再利用したりする」という。教室について、「最初は生徒さんの居場所づくりのためにと教材を作ったり、教えていたつもりだった」と振り返り、「最近は、自分の居場所にもなっていることに気が付いた。生徒さんの存在に助けられている。本当にやってよかった」と微笑む。

 ○…「教えるのが好き」というが、疲れて帰ってくる日も。そんな時、元教師の夫は「『教えるって大変だろ』って優しく声をかけて労わってくれる」と深い感謝の思いを滲ませる。夫婦で出かける海外旅先でも景色を「ちぎり絵で表現できないか」と常に思考している。「本当に好きだなとつくづく思う。これからも、楽しみながら続けていきたい」
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

麻生 民次さん

NPO法人保土ケ谷ガイドの会の会長に就任した

麻生 民次さん

峰岡町在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

62歳

9月2日号

古田 潤二郎さん

保土ケ谷歯科医師会の会長に就いた

古田 潤二郎さん

神戸町在住 57歳

8月26日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

8月19日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

中区真砂町在勤 77歳

8月12日号

平山 晴彦さん

横浜たちばなライオンズクラブの会長に就任した

平山 晴彦さん

44歳

8月5日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

観戦チケットプレゼント

横浜エクセレンス

観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook