保土ケ谷区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

6月に紙ヒコーキ大会を主催する保土ケ谷区青少年指導員協議会の会長を務める 白石 勝己さん 桜ケ丘在住 69歳

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

「やってみっか」で30有余年

 ○…「横浜市内では保土ケ谷だけなんですよ。滞空時間を競う単純な競技ですけど、子どもたちの目は真剣そのものでね」。大会の立ち上げから携わり、今年21年目を迎える「保土ケ谷区手作り紙ヒコーキ大会」への思いを語るその姿は孫に優しい眼差しを向ける「おじいちゃん」といった具合。「5、6年生の部の優勝記録は8秒35、3、4年生の部はね」。手帳をペラペラとめくる。

 ○…西区内で生まれ、小学4年生の頃、桜ケ丘に移り住んで以来、この地で60年を過ごす。幼少期はベーゴマに面子、野球に興じた昭和の男の子。自身を「何でもかじるが、長続きはしないタイプ」というが、若い頃にはゴルフにボーリング、車と当時の若者は流行には敏感だった。乗り継いだ車はスカイラインに三菱デボネア、トヨタ2000GT…、「結婚するまでだったけどね」。10年で10台を優に超える。

 ○…高校を卒業し相鉄に入社。営業畑を歩んできた。27歳で結婚し3人の子に恵まれた。30代半ばに差し掛かったころ、地元の自治会長から地域の子どもたちの健全な育成活動を推進する青少年指導員への推薦を受けた。指導員の役割を「全く知らなかった」というが、「やってみっか」と始めた活動は30年を超えた。指導員の活動の多くは休日と重なる場合多い。「家族の理解があったから、こんなに長く続けて来れた。面と向かっては言えないけど、ありがたい」。ピシッと整えられた白髪に手をやり、少し照れくさそうに話す。

 ○…「表で遊んでる子が少なくなったよ。子どもの声が聞こえないもの。最近の子どもたちは忙しいからな」。時代とはいえ、桜ケ丘の野山をフィールドに駆け回っていた昭和の男の子からすれば、この現状は寂しさが募る。「子どもたちが目一杯遊べる機会を提供できれば」。区内で活動する170人の仲間と共に、思案する日々は子どもたちのためにある。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

麻生 民次さん

NPO法人保土ケ谷ガイドの会の会長に就任した

麻生 民次さん

峰岡町在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

62歳

9月2日号

古田 潤二郎さん

保土ケ谷歯科医師会の会長に就いた

古田 潤二郎さん

神戸町在住 57歳

8月26日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

8月19日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

中区真砂町在勤 77歳

8月12日号

平山 晴彦さん

横浜たちばなライオンズクラブの会長に就任した

平山 晴彦さん

44歳

8月5日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

観戦チケットプレゼント

横浜エクセレンス

観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook