保土ケ谷区版 掲載号:2018年5月3日号 エリアトップへ

3月に上星川に開店したパン屋誘致運動の中心人物で「FM上星川」の代表 天野 進一さん 上星川在住 39歳

掲載号:2018年5月3日号

  • LINE
  • hatena

「松」のようにまちを支える

 〇…「上星川に何かできることがないか」という思いから、2015年11月に地域の活性化を目指す有志団体「FM上星川」を立ち上げ、すぐに取り掛かったのが、パン屋の誘致だった。「商店街に美味しいパン屋があると幸せな気分になるよね」と翌月から誘致活動を開始すると、わずか3カ月で開業希望者が決まり、今年3月に開店にこぎつけた。「お互いが互いの役割を果たしたからこそできたこと」と振り返る。

 ○…ウェブ制作会社を立ち上げ、ビジョンを持つことの大切さを学んできたという。「必要なピースがあって、その先の人に喜んでもらうことが望ましい。黒子のような存在であればいい」と話す。その上で教養や人格を向上させていくことが大切と考え、月に1回勉強会を催している。黒板を使い熱っぽく自身の哲学を語る姿に「まち」への思いがひしひしと伝わってくる。

 〇…八王子市の出身。サッカーや水泳など、体を動かすことが好きなスポーツ少年だった。「あれは運命だったのかも」と振り返るのは中学生の時。「入学先の水泳部がなくなってしまって」と卓球部に入部。練習を重ねに重ね、3年時には関東大会に出場するまでに。「大会に出たいという思いを描いていくとそれが形になる。何ができるだろうと考えて行動することが大切」と語る。

 〇…「卓球など、やってきたことが人生において必ずどこかの場面で紐づいてくる。だからやっていて無駄なことはない」と自身も携わっているスリッパ卓球大会を例にあげて笑う。今後について「松のようにありたい。長寿で青々としている夏は目立たないけども、冬は目立つ。困難な時にこそ力を発揮してまちを長く支えていきたい」と話す姿は心強かった。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

善浪 裕勝さん

横浜市と災害時の協定を結んだ、横浜市仏教会の会長を務める

善浪 裕勝さん

東川島町在住 62歳

6月30日号

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

26歳

6月23日号

森谷 恭子さん

横浜市幼稚園協会の保土ケ谷支部長を今年度から務める

森谷 恭子さん

育和幼稚園園長 63歳

6月16日号

竹内 俊樹さん

5年前の就任以来、躍進を続ける保土ケ谷高校陸上部の顧問を務める

竹内 俊樹さん

川島町在勤 31歳

6月9日号

西窪 弘忠さん

滝ノ川あじさいロードの整備を行う「花咲かせ隊」発起人のひとり

西窪 弘忠さん

峰沢町在住 85歳

6月2日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

36歳

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook