保土ケ谷区版 掲載号:2019年1月10日号
  • LINE
  • hatena

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める 新井 航世(はんせ)さん 中区在住 20歳

「世を航る」第一歩を今

 ○…「人生でその時しかできないことをやりたい」――。そうした思いを胸に、3万人の先頭で舵を切る。中区で生まれ、異国情緒あふれる景色を眺めて育ったことから、横浜の魅力を「こんな多様性のある場所はない」と語る。だからこそ式典テーマ「開国」には、国際色を一つの要素として入れたかったそう。「新成人一人ひとりの未来を『開国』できるような最高の行事にしたいです」

 ○…慶應義塾大学の法学部に通う。中高生から続けているテニスは「生活の基盤」というほど打ち込んでおり、現在も週5回練習に励んでいるのだとか。学内外の大会にも出場し、関東大会での団体準優勝など結果を収めている。オフの日は、アルバイトにインターンと、なんとも目まぐるしい大学生活であろう。

 ○…自営業を生業とする両親のもとで育った。あいさつ、箸の持ち方などの礼儀作法を教え込まれ、小学生の時にはすでにネクタイが結べたとか。気が弱かったという幼少期、「テコンドーで強くなれ」と両親の勧めで厳しい師範につき、体力や精神力を培ったという。「弱音は一切吐けない。結構堪えましたね。だからこそ成長できたと思います」。こうして幼い頃から真っ当に、時に厳しく育て上げられたのは、「世の中を、人の心を航り合える人であれ」という両親の願いから。それは”航世(はんせ)”という名前にも込められている。

 ○…「誰にでも可愛がられ、世渡り上手な父のようになりたい」。まっすぐな瞳でそう語る。経験値を高めようと奔走するのは、少しでも父に近づきたいから。「だから普通の大学生活でやろうと思わないことに挑戦したいんです」。新成人の代表として、今、踏み出した第一歩。それは並々ならぬパワーと決意であふれていた。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

4月18日号

鷲山 龍太郎さん

アワーズが主催する講座「地層で学ぶ保土ケ谷の歴史」の講師を務める

鷲山 龍太郎さん

4月11日号

佐久間 信義さん

横浜環境活動賞の実践賞を受賞した保土ケ谷区民会議環境分科会の座長を務める

佐久間 信義さん

4月4日号

南 博司さん

保土ケ谷警察署とドローン協定を締結したJINSOKUTSUの社長

南 博司さん

3月28日号

金子 美知子さん

「防犯川柳コンクール」で選者を務める

金子 美知子さん

3月21日号

田口 圭子さん

精神障害の研修会で体験談を話した区自立支援協議会・精神部会のメンバー

田口 圭子さん

3月14日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク