保土ケ谷区版 掲載号:2020年4月9日号 エリアトップへ

第6回ほどがや防犯川柳コンクールで最優秀賞を受賞した 扇 浩一郎さん 川辺町在勤 43歳

掲載号:2020年4月9日号

  • LINE
  • hatena

「できること」全力で

 ○…「川柳なんて、子どもの頃国語の授業で書いたくらいだから少し恥ずかしいんですけど…」と頭を掻く。保土ケ谷警察署の生活安全課長を務め、特殊詐欺防止へ策を練っていたちょうどその時、防犯川柳コンクールへの挑戦を勧められた。昨年1年間の区内の特殊詐欺被害額は県警54署中ワースト2位。テーマはすぐに決まった。急増する「キャッシュカード手交型詐欺」に着目し、17文字に想いを込めた。

 ○…「お金を盗られたことよりも、家族からの信用を失ったことが一番辛い」。過去、実際に詐欺被害者が漏らした言葉だ。「犯人が奪っていくのはお金だけじゃない。自分は今まで詐欺被害を安易に考えていたのではないか」。かける言葉が見つからなかった。「被害者の方からしてみれば命を奪われるのと同じようなもの。絶対に許してはいけない犯罪だと改めて感じた」

 ○…福岡県出身。小学校から大学まで剣道一筋だった。大学卒業後、金融機関に勤めるも、長くは続かず退職。4年間アルバイトを転々とした。「このままではだめだ」と一念発起して志望した警察官への道。「はじめは筆記試験すらダメで。ようやく筆記試験をパスできても面接が通らなくて」。採用を貰ったのは8度目の受験だった。「拾っていただいたからには求められている以上の仕事をしたい」。平均年齢が若く、頼もしい生活安全課のメンバーを全力で引っ張っている。

 ○…休日は家族と過ごす。5歳の息子は仮面ライダーが大好きで「戦いごっこもよくやってますよ」と目尻を下げる。息子にカメラを向けると、とるポーズは決まって「敬礼」。「息子と過ごしたいと思うと、休日の趣味が無くなってくるんですよね」。溺愛ぶりをのぞかせた。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

高橋 舞加さん

蟻の観察をテーマにした親子向けのセルフガイド作成に携わった

高橋 舞加さん

狩場町在勤 22歳

10月29日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

23歳

10月22日号

堀 功生さん

保土ケ谷区連合町内会長連絡会の会長に就いた

堀 功生さん

初音ケ丘在住 73歳

10月15日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月1日号

廣嶋 玲子さん

テレビアニメ化される児童書『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の著者

廣嶋 玲子さん

39歳

9月17日号

三村 大輔さん

保土ケ谷産ワインづくりプロジェクトで原料となるぶどうを栽培する

三村 大輔さん

川島町在住 40歳

9月10日号

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク