保土ケ谷区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

新たに保土ケ谷消防団長に就任した 久保田 重雄さん 上菅田町在住 64歳

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

「心の炎」は絶やさない

 ○…「こんな消防団になりましょう」と団長就任時に掲げた目標は「災害対応能力の高い消防団」「愛される消防団」「かっこいい消防団」の3つ。災害はいつ起こるか分からない。コロナウイルスで新しい生活様式が求められる中「今まで通りの団活動はなかなかできない。緊急出動時も団員同士距離を取ったりする必要が出てくるのでは」と今後の災害対応を全力で模索する。

 ○…福島県出身。大学進学を機に上京し、結婚して妻の住む上菅田町へ移り住んだ。消防団員だった義父に背中を押され、入団したのが32歳のとき。消火技術の訓練の成果を競う「操法技術大会」の選手要員としての入団だった。以降人生の半分を消防団として過ごすだけあり、思い出はたくさん。「日々の訓練や操法技術大会で入賞したこと、前団長と団員募集に奔走したこと…話し出したらきりがありませんよ」

 ○…高校からはじめた空手は「趣味ではなく本気」。日本空手協会の代議員を務め、大学のOB会で稽古に励む。今年笹山小学校と統合した上菅田小学校では「地域の先生」として児童らに空手を教えた。「子どもたちとのふれあいはかけがえのない時間でした。毎年こっちが元気をもらえてね」と目を細める。

 ○…ハリのある、良く通る声が印象的。空手や団活動の縦社会で過ごすからこそ「次の世代に負の遺産を残したくない」との想いが強い。モットーは「前人木を植えて後人涼を得」だ。新しいことを取り入れ、古いシステムは取っ払う。「やりすぎると鬱陶しがられちゃうかな」とばつが悪そうに頭を掻くも「自他共に認める熱血漢で、手抜きができない性格なんです」。取材に備えて用意してくれていたメモがそれを裏付けていた。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

矢本 大祐さん

地域の清掃や健康づくりなどに取り組む社会人スポーツクラブ「西谷AFC」の代表

矢本 大祐さん

上星川在住 32歳

5月19日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

50歳

5月12日号

丸山 裕二さん

4月から保土ケ谷公会堂の新館長に就任した

丸山 裕二さん

星川在勤 60歳

4月28日号

堀田 廣公さん

保土ケ谷消防署の新署長に就任した

堀田 廣公さん

神戸町在勤 58歳

4月21日号

寺崎 富美さん

3月22日付で保土ケ谷警察署長に就任した

寺崎 富美さん

川辺町在勤 57歳

4月14日号

新堀 三郎さん

第8回ほどがや防犯川柳コンクールで最優秀賞の作品を考えた

新堀 三郎さん

和田在住 83歳

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook