保土ケ谷区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

新たに保土ケ谷消防団長に就任した 久保田 重雄さん 上菅田町在住 64歳

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

「心の炎」は絶やさない

 ○…「こんな消防団になりましょう」と団長就任時に掲げた目標は「災害対応能力の高い消防団」「愛される消防団」「かっこいい消防団」の3つ。災害はいつ起こるか分からない。コロナウイルスで新しい生活様式が求められる中「今まで通りの団活動はなかなかできない。緊急出動時も団員同士距離を取ったりする必要が出てくるのでは」と今後の災害対応を全力で模索する。

 ○…福島県出身。大学進学を機に上京し、結婚して妻の住む上菅田町へ移り住んだ。消防団員だった義父に背中を押され、入団したのが32歳のとき。消火技術の訓練の成果を競う「操法技術大会」の選手要員としての入団だった。以降人生の半分を消防団として過ごすだけあり、思い出はたくさん。「日々の訓練や操法技術大会で入賞したこと、前団長と団員募集に奔走したこと…話し出したらきりがありませんよ」

 ○…高校からはじめた空手は「趣味ではなく本気」。日本空手協会の代議員を務め、大学のOB会で稽古に励む。今年笹山小学校と統合した上菅田小学校では「地域の先生」として児童らに空手を教えた。「子どもたちとのふれあいはかけがえのない時間でした。毎年こっちが元気をもらえてね」と目を細める。

 ○…ハリのある、良く通る声が印象的。空手や団活動の縦社会で過ごすからこそ「次の世代に負の遺産を残したくない」との想いが強い。モットーは「前人木を植えて後人涼を得」だ。新しいことを取り入れ、古いシステムは取っ払う。「やりすぎると鬱陶しがられちゃうかな」とばつが悪そうに頭を掻くも「自他共に認める熱血漢で、手抜きができない性格なんです」。取材に備えて用意してくれていたメモがそれを裏付けていた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

山田 真由美さん

「郵便局スタジオ」でカメラマンを担当した

山田 真由美さん

坂本町在住 50歳

5月13日号

梅本 千晶さん

シドモア桜の会 横浜の代表理事を務める

梅本 千晶さん

月見台在住

5月7日号

田所 幸雄さん

4月1日付で保土ケ谷防犯指導員連絡会の会長に就任した

田所 幸雄さん

和田在住 73歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter