保土ケ谷区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

これまでに6基の神輿を自作してきた 苅部 平吉さん 西谷町在住 79歳

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

「人の喜ぶ顔が好き」

 ○…「普段は落ち着いた街でも、神輿が通れば途端に賑やかになるじゃないですか」。幼い頃から祭りごとが大好き。中でも神輿は特別だった。方々の祭りに足を運び、神輿を担いで回った。「地域を盛り上げるために」との思いで挑戦しはじめた神輿づくり。「完成した神輿が皆さんに担がれて、周りで見ている人も喜んでくれる。この上ない幸せ」。はじめて自分が製作した神輿が担がれている姿を見たときは「胸にくるものがありました」と振り返る。

 ○…大工の親方だった父の影響か、もともと手先が器用だった。この特性を活かして自動車メーカーの下請けで工場に勤めた経験もある。趣味で「ものづくり」も行っていて、クリスマスの時期になればリースや看板を作って知人にプレゼントするなどしていた。「人を喜ばせるのが好きなんですよね」。神輿づくりのきっかけにもなった、自身の性分だ。

 ○…神輿会のメンバーを唸らせるほどの神輿を製作するも、本業はものづくりとは全く異なり、八百屋だというから驚く。3年前に暖簾を下ろすまでの55年間、西谷の商店街に店を構えた。「朝早くに野菜を仕入れて店頭に並べたら、あとは妻に店番を任せて神輿を作ったりしていたけれど」。一緒に店頭に立っていた妻の理解には「感謝してもしきれない」と頭を掻く。

 ○…長年営んだ八百屋を閉めたが「ゆっくりとしていられない」。朝6時から昼すぎまで野菜の卸しと配達の仕事をして、午後4時から8時までは上菅田町の障害者施設「てらん広場」で食事や洗濯などの手伝いをしている。「動き回って人と会うのが楽しい。忙しくても何も苦にならない」。高いバイタリティの秘訣は周りの人の喜ぶ顔だ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

山田 真由美さん

「郵便局スタジオ」でカメラマンを担当した

山田 真由美さん

坂本町在住 50歳

5月13日号

梅本 千晶さん

シドモア桜の会 横浜の代表理事を務める

梅本 千晶さん

月見台在住

5月7日号

田所 幸雄さん

4月1日付で保土ケ谷防犯指導員連絡会の会長に就任した

田所 幸雄さん

和田在住 73歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

4月1日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter