保土ケ谷区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

4月1日付で保土ケ谷防犯指導員連絡会の会長に就任した 田所 幸雄さん 和田在住 73歳

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena

「楽しむ」が継続のコツ

 ○…青色防犯パトロール車に乗り防犯広報活動を行うなど、地域の安全・安心を守る防犯指導員連絡会の会長に就任した。町内会長に誘われ指導員活動を始めたのが、およそ35年前。「気づいたら一番の古株になっちゃって」。太田吉春前会長から直々の依頼に「嫌とは言えない」と快諾。23人の会員を束ねる決意をした。「人手が不足しがちな若い人たちも巻き込みながら、パトロールを充実させていきたい」と先を見据える。

 ○…35年もの間、指導員を続けることができている一番の理由は「楽しいから」。歴代の会長は皆、楽しいことが好きな人ばかり。区民の安全を守る真剣な活動の一方、飲みに行ったり旅行に行ったり、メリハリを付けて良い雰囲気で活動をしてきた。新しく入会した若手の会員が楽しく長く活動できるように、自身もその雰囲気を引き継ぎたい。「ボランティアは楽しくないと続けられないから」。自らの経験がそれを裏付ける。

 ○…星川小学校、保土ケ谷中学校の出身で、生まれも育ちも和田。現在は息子と、父の代から続くテントや看板広告を請け負う仕事を続けている。これまで「地域のためになれば」と防犯指導員のほか、消防団や交通指導員、和田地区連合町内会長など数々の役職で汗を流してきた。その経験すべてが「良い思い出で懐かしい」

 ○…「ここ1年、人と飲めなくて寂しいよ」。お酒好きの仲間と本音を語り合って時間を共にする『飲みニケーション』もコロナ禍でご無沙汰だ。自宅で一人楽しむも「家だと日本酒1合半飲むとウトウトしちゃって」と笑う。自身の目指す「楽しい活動」のためにも、「はやく指導員のみんなで楽しく飲める日が戻ってきて欲しいね」と優しく微笑んだ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

山田 真由美さん

「郵便局スタジオ」でカメラマンを担当した

山田 真由美さん

坂本町在住 50歳

5月13日号

梅本 千晶さん

シドモア桜の会 横浜の代表理事を務める

梅本 千晶さん

月見台在住

5月7日号

田所 幸雄さん

4月1日付で保土ケ谷防犯指導員連絡会の会長に就任した

田所 幸雄さん

和田在住 73歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter