保土ケ谷区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める 沼尻 竜典さん 東京都在住

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

神奈川の音楽土壌、耕す

 ○…音楽監督として指揮を執る最初の定期演奏会が4月23日に県民ホールで開かれる。来シーズンのプログラムにはブラームスやモーツァルト、ベートーベンなど広く親しまれている名曲をはじめ、ヘンツェやボロディン、ショスタコービッチなどの「スパイスの効いた楽曲も」と独自色を出す。

 ○…「首都圏でありながら、人口900万人超の神奈川というベースがあり、より地域に根差した形で公演活動を行うことができる」と神奈川フィルの強みを語る。横浜みなとみらいホール、県立音楽堂、県民ホールという3つの会場を拠点にできることも魅力の一つ。また「県内主要都市にはよいホールがあります」と、今後とも神奈川の音楽の土壌を耕し、音楽ファンを増やしていきたいとする。

 ○…東京都出身。幼少のころからピアノをはじめ、音楽の道を志したのは高校進学の時。「普通に勉強するのは面白くないと思って」とはにかんだ。桐朋学園大学卒業後、ドイツベルリン留学中の1990年にブザンソン国際指揮者コンクールで優勝、その後も国内外の様々なオーケストラでタクトを振るう。オペラ指揮者としても国内外で活躍。びわ湖ホール芸術監督、トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニアの音楽監督も務める。

 ○…神奈川との縁は中学3年生の時。初めて応募した県の創作合唱曲が入選し県立音楽堂で歌われたという。「紙に書いた楽譜が実際に音になる。作曲の面白さを実感した」と振り返った。その成功体験の地、神奈川の管弦楽団の音楽監督として「まずは公演に足を運んでもらいたい」と呼びかける。また「親子向けのコンサートなど、子どもに本物の音楽を伝えていく機会を設けたい」と展望を語った。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

50歳

5月12日号

丸山 裕二さん

4月から保土ケ谷公会堂の新館長に就任した

丸山 裕二さん

星川在勤 60歳

4月28日号

堀田 廣公さん

保土ケ谷消防署の新署長に就任した

堀田 廣公さん

神戸町在勤 58歳

4月21日号

寺崎 富美さん

3月22日付で保土ケ谷警察署長に就任した

寺崎 富美さん

川辺町在勤 57歳

4月14日号

新堀 三郎さん

第8回ほどがや防犯川柳コンクールで最優秀賞の作品を考えた

新堀 三郎さん

和田在住 83歳

4月7日号

カテリーナさん

横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 35歳

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook