鶴見区版 掲載号:2015年3月5日号 エリアトップへ

震災を風化させない 311ネット・谷本さん

社会

掲載号:2015年3月5日号

  • LINE
  • hatena
植樹する谷本さん
植樹する谷本さん

 北寺尾在住の谷本恵子さん=人物風土記で紹介=は、ボランティアバスの派遣をはじめとした被災地支援や防災教育に尽力する「NPO法人かながわ311ネットワーク」の理事を務めている。これまで被災地を38回訪問。ほぼ毎月1回は足を運んでいる。「被災前よりいいまちにしようと頑張っている人たちを見ると、応援しようという気持ちになる」。仲間と手を取り合い、復興への歩みを進めている。

気仙沼の海辺に植樹

 「震災を風化させない」。昨年11月、同団体が派遣したボランティアバスに谷本さんも同乗し、津波被害を受けた宮城県気仙沼市階上地区へ。現地のNPO法人「海べの森をつくろう会」の植樹祭に参加した。

 これは、津波に流された人が樹木につかまって助かったことや、津波の被害軽減の効果を見込めるといった防災上の観点で行われているもの。記憶を刻むように植樹を行った。「ボランティアは収束に向かっている。今は遊びに来て欲しい時期」と、現在はボランティアだけでなく、観光バスの派遣も企画している。

防災教育実施へ

 来年度から神奈川県との協働事業で、県内の海側と山側の学校で防災教育を行う。ニーズ調査を事前に行い、地域の特性に合わせた内容にしていく予定だ。

 「『東北で起こった災害から学んで、神奈川での災害に備えて欲しい』と言われることも多い。発災時の被害を少しでも軽減しなければ、被災された方々に申し訳ない」と強く意気込む。「私たちの取組を被災地の方に知ってもらうことで、『忘れてないよ』と伝えることができれば」。あの日の出来事を、決して無駄にはしない。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter