鶴見区版 掲載号:2017年8月10日号 エリアトップへ

洪水浸水区域 9万8千世帯事業所が該当 横浜市 ハザードマップ刷新

社会

掲載号:2017年8月10日号

  • LINE
  • hatena
配布された洪水ハザードマップ
配布された洪水ハザードマップ

 横浜市はこのほど、鶴見川水系・多摩川水系の洪水ハザードマップを新たに作成し、鶴見区内で対象となる9万8千の世帯・事業所に配布している。

 このマップは、2015年に改正された水防法にもとづき、昨年、国と県が指定・公表した両水系の洪水浸水想定区域を盛り込んだもの。河川が氾濫した場合の浸水想定区域や、浸水の深さなどを色分けして表示。避難場所一覧にも色をつけ、地図とリンクさせている。

 区内は矢向や市場、潮田地区など、両水系の影響を受ける区域があり、そうしたエリアはメッシュ表示にした上、より大きい方の想定で記載している。

 サイズはA1版両面印刷で、対象の市内6区(鶴見・神奈川・港北・都筑・緑・青葉)に計約27万部を配る。

最大想定は駒岡の5m

 新マップでは、これまでの計画規模の降雨(2日間で鶴見川は約405ミリ、多摩川は約457ミリ)に加え、想定し得る最大規模(同鶴見川約792ミリ、多摩川約588ミリ)の場合の区域も掲載している。

 区内の浸水区域は、計画規模については最大で3m未満で、これまでの想定とほぼ変化はない。一方、最大規模想定では、駒岡二丁目、五丁目の一部で、2階部分まで浸水する5m未満の想定が出された。

 区危機管理担当は「最大規模は1千年や1500年に一度と言われるほどのもの。それでも可能性がないわけではない。まずは自分の住む地域がどうなるか知ってほしい」と話す。

 配布は対象世帯のみだが、区域外の住民でも区役所または各地区センターや地域ケアプラザなどで入手可能。市ホームページで閲覧もできる。

鶴見区版のローカルニュース最新6

無観客ライブを生配信

ピアノトリオH ZETTRIO

無観客ライブを生配信 文化

15日、29日

7月9日号

地域の混雑 ウェブで紹介

神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月9日号

「撮っておき」の写真募集

「撮っておき」の写真募集 文化

市営交通カレンダー企画

7月9日号

「IR」再検証を

「IR」再検証を 社会

市民団体 コロナ禍で市に意見書

7月9日号

返礼27品を追加

横浜市ふるさと納税

返礼27品を追加 経済

新型コロナ対策支援で

7月9日号

別所熊野神社に植樹

別所熊野神社に植樹 社会

田口園芸 55周年でサクラ

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク