鶴見区版 掲載号:2017年8月10日号 エリアトップへ

洪水浸水区域 9万8千世帯事業所が該当 横浜市 ハザードマップ刷新

社会

掲載号:2017年8月10日号

  • LINE
  • hatena
配布された洪水ハザードマップ
配布された洪水ハザードマップ

 横浜市はこのほど、鶴見川水系・多摩川水系の洪水ハザードマップを新たに作成し、鶴見区内で対象となる9万8千の世帯・事業所に配布している。

 このマップは、2015年に改正された水防法にもとづき、昨年、国と県が指定・公表した両水系の洪水浸水想定区域を盛り込んだもの。河川が氾濫した場合の浸水想定区域や、浸水の深さなどを色分けして表示。避難場所一覧にも色をつけ、地図とリンクさせている。

 区内は矢向や市場、潮田地区など、両水系の影響を受ける区域があり、そうしたエリアはメッシュ表示にした上、より大きい方の想定で記載している。

 サイズはA1版両面印刷で、対象の市内6区(鶴見・神奈川・港北・都筑・緑・青葉)に計約27万部を配る。

最大想定は駒岡の5m

 新マップでは、これまでの計画規模の降雨(2日間で鶴見川は約405ミリ、多摩川は約457ミリ)に加え、想定し得る最大規模(同鶴見川約792ミリ、多摩川約588ミリ)の場合の区域も掲載している。

 区内の浸水区域は、計画規模については最大で3m未満で、これまでの想定とほぼ変化はない。一方、最大規模想定では、駒岡二丁目、五丁目の一部で、2階部分まで浸水する5m未満の想定が出された。

 区危機管理担当は「最大規模は1千年や1500年に一度と言われるほどのもの。それでも可能性がないわけではない。まずは自分の住む地域がどうなるか知ってほしい」と話す。

 配布は対象世帯のみだが、区域外の住民でも区役所または各地区センターや地域ケアプラザなどで入手可能。市ホームページで閲覧もできる。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

自衛消防力を競う

自衛消防力を競う 社会

区内18事業所が訓練会

11月7日号

ボッチャで介護予防

ボッチャで介護予防 スポーツ

スポセンで28日

11月7日号

12日から申込始まる

12日から申込始まる スポーツ

親子仮装と一般

11月7日号

笑いで税を考える「法人劇場」20日に

商店街でハロウィーン

商店街でハロウィーン 社会

親子らでにぎわい

11月7日号

總持寺で一大イベント

總持寺で一大イベント 文化

3日、特別パレードも

10月31日号

三ツ池で地域祭り

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク