神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2022年4月7日 エリアトップへ

東部病院で”水族館” 子どもたちに笑顔を

教育

公開:2022年4月7日

  • LINE
  • hatena
子どもが描いた絵がスクリーン上で泳いだ
子どもが描いた絵がスクリーン上で泳いだ

 済生会横浜市東部病院は、国際ロータリー第2590地区ローターアクト学友会(以下地区RA学友会)とともにこのほど、Zoomによるバーチャル水族館「みんなでつくろう!とーぶすいぞくかん」を開催した。

 同院ではコロナ禍、治療に励む子どもたちが面会制限などで我慢を強いられる状況があった。バーチャル水族館はそんな子どもたちに「笑顔になってもらいたい」との思いで企画された。

 イベントは、同院で子どもが誕生した縁がある小島智彦さんが創立会長の地区RA学友会と協力。慢性疾患の子どもたちが描いた海の生き物などの絵を紙アプリでスキャンし、画面上に写し出すことで実際に泳いでいるようにみせた。

 当日は同院に通院・入院中の子どもたちと家族約100人が参加。自宅や病室からZoomで水族館を鑑賞した。1600Km離れた沖縄の美ら海水族館と中継を結び、ジンベエザメのショーなども行われた。

 イベントに参加した子どもは「沖縄に行ったことがなかったけど、コロナが終わったら沖縄美ら海水族館に行ってみたいと思った」とコメント。診察室で水族館を上映しながら診療した医師は「子どもだけでなくご家族や、何より診療中の自分が癒された」と話した。

とーぶすいぞくかんの様子は下記二次元コードから
とーぶすいぞくかんの様子は下記二次元コードから

鶴見区版のローカルニュース最新6

横浜最古の神輿が練り歩く

横浜最古の神輿が練り歩く

鶴見神社 28日に大神輿渡御

7月20日

能登復興支援で物産展

能登復興支援で物産展

豊岡商店街で27、28日

7月20日

正しい自転車の乗り方を実演

正しい自転車の乗り方を実演

死亡事故受け、区が安全教室

7月20日

手足口病 警報レベルで流行中

手足口病 警報レベルで流行中

横浜市衛生研究所が手洗いの励行を呼び掛け

7月19日

戦争から命の尊さ考える

鶴見大附属中高

戦争から命の尊さ考える

100周年記念講演会を開催

7月19日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook