神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年1月25日 エリアトップへ

悩み語り合い、気づきを共有 区内在住の畑さんが講演

社会

公開:2024年1月25日

  • X
  • LINE
  • hatena
熱心に畑さんの話を聞く参加者たち=提供
熱心に畑さんの話を聞く参加者たち=提供

 参加者同士で悩みを語り合い、気づきを共有する講演会「気づきの交差点」が1月14日、菅沢町にある宝泉寺で開かれた。(一財)お寺と協会の親なきあと相談室横浜香仙院支部が主催。

 同法人は、障害や引きこもりに悩む人々の「親なきあと」問題の支援のため、僧侶や専門家らが協力して相談会や講演会などを通じて伴走型支援を行っている。

 当日は14人が参加し、不登校・引きこもり経験のある僧侶、畑智晃さん=「人物風土記」で紹介=が最初に講演。人間関係や学業が上手くいかずに小中学生時代に不登校になった経験や、18歳まで引きこもりに近い生活を送った経緯などを説明。また、大学病院で受けた心理テストの結果で「生きている価値がない」と心無い言葉を受けたことを30年近くかけて克服した経験や、引きこもりから抜け出すきっかけにもなった声優の「推し活」、仏教との出会いなどについて語った。

 その後は、畑さんが参加者から障害のある子どもについての悩みや相談を受けたり、参加者同士で気づいた点を語り合う様子が見られた。

 畑さんは「ふとした言葉で救われる人もいる。些細な気づきでも、誰かにとっては大きな一言となる場合もあるので、今後もこのような活動を続け、誰かの支えになることができる事ができれば」と語った。

鶴見区版のローカルニュース最新6

横浜最古の神輿が練り歩く

横浜最古の神輿が練り歩く

鶴見神社 28日に大神輿渡御

7月20日

能登復興支援で物産展

能登復興支援で物産展

豊岡商店街で27、28日

7月20日

正しい自転車の乗り方を実演

正しい自転車の乗り方を実演

死亡事故受け、区が安全教室

7月20日

手足口病 警報レベルで流行中

手足口病 警報レベルで流行中

横浜市衛生研究所が手洗いの励行を呼び掛け

7月19日

戦争から命の尊さ考える

鶴見大附属中高

戦争から命の尊さ考える

100周年記念講演会を開催

7月19日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook