神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年7月4日 エリアトップへ

小野町 壁画アートで地域活性を 壁やアーティストを公募

文化

公開:2024年7月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
実行委の服部さん(左)と有村さん
実行委の服部さん(左)と有村さん

 JR鶴見線の鶴見小野駅周辺で、アートによるまちのにぎわい創出を目指す「we TREES TSURUMIプロジェクト」による壁画アートフェス「鶴見パブリックアートプロジェクト」が今年10月に開催されることが決まった。アーティストの描く壁画でまちの景観に変化を起こそうと、描ける場所や区内外から描き手らを募集している。

 同プロジェクトは、鶴見や横浜ゆかりのアーティストとの作品づくりや交流を通して、住民主体の持続可能なまちづくりに取り組むもの。小野町通り共栄会や住民有志で実行委員会を作り、街中をピンクのメッセージで染めるイベントなどを2021年から実施してきた。

 しかし、回数を重ねる中で取組みがなかなか地域全体に広がらないこと、地域外からの人の流入がイベント当日に限られるなど、持続的なまちの活性化に直結しないとの課題があった。

 そこで実行委では、今回からさらに取組みを広げるため、様々な人や場所が関われる壁画アートフェスにリニューアルした。

 テーマは、「壁画を描こう!新しい街の顔」。招待アーティストらが区内各地の壁面やフェンス、シャッターなど公共的な空間に壁画を描き、持続的に絵が残ることでまちの景観に変化を起こすことを目指す。

 同実行委の服部宏昭委員長は「まちが盛り上がるにはまちが頑張るしかない。多くの方に協力していただき、新しい取組みを進めたい」と話す。そして、落書きとの差別化を図るた認証制度などの方策も検討している。

アーティストなど募集中

 実行委では現在、壁画を描く壁やアーティストの公募を行っている。

 壁面の募集エリアは区内全域。アーティストは区内外から募集。制作期間は10月5日から26日で、小野町で行われるハロウィーンイベントで完成披露する。また、制作サポートのボランティアも募集(対象は区内在住、在学の高校生、大学生)。応募はいずれも8月末締切。「地域での活動に興味があればぜひ気軽にご連絡を」と服部さん。詳細問い合わせは服部さん【電話】045・521・7580または【メール】ts-info@wetrees.netへ。

鶴見区版のトップニュース最新6

「広場残して」要望実る

北寺尾

「広場残して」要望実る

市有地を公園として整備

7月18日

市、テレビで自動通知

緊急情報

市、テレビで自動通知

事業促進へ端末費用補助

7月18日

岸谷祭りが5年ぶりに

岸谷祭りが5年ぶりに

地元有志が再開へ奔走

7月11日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月11日

壁画アートで地域活性を

小野町

壁画アートで地域活性を

壁やアーティストを公募

7月4日

児童虐待対応 過去最多に

横浜市

児童虐待対応 過去最多に

初めて1万4千件超える

7月4日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook