高津区版 掲載号:2012年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

「緑のカーテン」コンテスト(個人・ファミリー部門)で最優秀賞を受賞した 児玉 康行さん 北見方在住 69歳

「緑」があるだけで幸せ

 ○…ゴーヤー(にがうり)やアサガオなどを建物の壁面に育て、直射日光を妨げることで省エネ・節電効果がある「緑のカーテン」。四季折々の植物を自宅で育て、近所の人が育て方を聞きにくるほどの評判があったが、今回の応募は初めてだという。チラシをたまたま見つけ応募し「まさか最高の賞をもらえると思っていなかったので驚いた」。表彰式では区長から直接表彰を受け「とても緊張したけど、正直嬉しかった」と照れながらも喜びを表す。

 ○…家庭菜園や観葉植物の世話が趣味で、育てる植物は毎年変えている。昨年はヘチマやかぼちゃ、冬瓜、にがうりなどが家を覆った。「うちはほとんどクーラー要らず。窓を開けているだけで十分」と効果を実感。収穫した野菜は妻と食べた後、種を大事にとっておき、春を迎える頃に苗を育て始める。「今年の夏も応募したい。2年連続は難しいから昨年と違った工夫をしないと」。早くも”夏のカーテン”の構想を浮かべる。

 ○…鹿児島県出身。植物を育てる趣味は、自然が好きだった祖父の影響。「(祖父と)まったく同じ事をしている。にがうりなどを食べると故郷と祖父の味を思い出す」。約40年前に妻と一緒に高津に移り釣堀店を営んできたが、年齢や息子たちも別の仕事をしていることから、2年前に廃業した。「小さい頃来ていた少年が、大人になって子どもを連れてくる。そんな親しまれる場所を続けられて、本当に良かった」

 ○…「緑に囲まれているだけで幸せを感じる。私にとって一番の健康法」ときっぱり。近所の人や目の前を通る人などとは、緑を通して自然と会話が生まれる。「採れた野菜をあげたりするととても喜ばれるんです」と楽しそう。「環境に優しく、節電効果も高い。野菜も食べられて、人間関係を良くしてくれる。賞ももらって一石五鳥だよ」と笑う。「この様なコンテストで、エコの取組みが地域に広まればうれしいですね」
 

高津区版の人物風土記最新6件

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

4月6日号

阿部 眞二さん

3月19日付で高津警察署長に着任した

阿部 眞二さん

3月30日号

梶原 典夫さん

仏師で、高津区文化協会の第40回文化講座を受け持つ

梶原 典夫さん

3月16日号

田中 利男さん

梶ヶ谷4丁目町内会の会長として川崎市自治功労賞を受賞した

田中 利男さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク