神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2024年4月5日 エリアトップへ

全日本学生フルコンタクト空手道選手権に優勝した 本田 志帆さん 川崎市在住 20歳

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

闘争心を内に秘め

 ○…グローブや防具を付けず直接打撃で戦うフルコンタクトの空手大会で、重量級の学生日本一に輝いた。昨年は初戦で敗退しレベルの高さを実感した大会。「悔いの残らないように楽しもう」。試合前そう自分に言い聞かせて臨んだという。決勝戦は拮抗した展開の中、得意の下段回し蹴りが決まり判定勝ち。「まさか優勝できるとは」と謙虚に語る。

 ○…保育園に通っていたころ、「警察官」が将来の夢だった。それを知った両親が、人を守るために強い人になってほしいと願い通わせたのが、近所にあった空手道場だった。最初は空手には興味が無く、友達と会えるのが楽しみで通っていたが、小学校高学年になると徐々に頭角を現し、中学生になると全国大会や国際大会で優勝するようになった。

 ○…習い始めてから16年、川崎市内の道場で汗を流すも「稽古はあまり好きじゃない」と苦笑い。それでも打ち込み続けるのは、勝利に対する内に秘めた闘志。「幼い頃から道場で過ごしているので、空手は私の一部。辞めてしまうと私ではなくなる。どの試合も悔いは残したくない」。今の目標は5月にある全日本大会で優勝すること。「空手が上手なタイプではない。基本を大切に気持ちで負けないように」と抱負を語る。

 ○…畳の上では静かな闘志を燃やしているが、私生活では韓国の男性アイドルに熱をあげているという。中でも夢中なのが「ドボイズ」という若手グループ。「まだあまり人気が無いので、近くで会えるのがうれしい」と、ほぼ毎月ライブ出かけるほど。ライブでは推しのグッズを持ち黄色い歓声を送っている。他にも甘いものが大好きで「抹茶スイーツにはまってます」と女子大生らしい一面を垣間見せた。

高津区版の人物風土記最新6

脇本 靖子さん

溝口にある川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

川崎市在住 52歳

5月10日

田邊 弘子さん

高津区健康づくりのつどいを主催する「元気な高津をつくる会」会長を務める

田邊 弘子さん

北見方在住 67歳

5月3日

中山 寛隆さん

川崎市制100周年記念で演奏する合唱団に携わる、川崎市合唱連盟の事務局長

中山 寛隆さん

高津区在住 36歳

4月26日

遠藤 勝太郎さん

町会ぐるみで地域の活性化に尽力する

遠藤 勝太郎さん

子母口在住 78歳

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook