神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2024年3月22日 エリアトップへ

「グリーフケアカフェあかりmâmâ」の共同代表で、初めて講演会を企画した 國富 多香子さん 中原区在住 49歳

公開:2024年3月22日

  • X
  • LINE
  • hatena

哀しみ乗り越え、愛を込め

 ○…大切な人との死別などから生じる苦痛「グリーフ」に寄り添う場を仲間と立ち上げ1年。初の講演会には100人近くが参加。「親や子を亡くした人から経験のない人まで。グリーフという言葉が浸透し、ケアの必要性を実感できた」。毎月開く会では、分かち合いの心で相談者の声に耳を傾ける。「境遇や悩みが違っても、不思議と一体感が生まれて。すぐに苦しみが消えなくても、前を向いてもらえたら」

 ○…中高生の頃、警官で厳格な父と距離を置くように。当直前、「行ってくるね」とかけてくれた言葉にも背中を向けたまま空返事。翌日、突然知らされた父の危篤。学校から駆けつけた病院には人工呼吸器につながれ、会話ができない父の姿があった。そして帰らぬ人に。「ごめんね。ごめんね」―。涙が止まらず、無愛想な態度をしてきた自分を責めた。そんな父に「頑張りましたね」と優しく声をかけ抱擁した看護師の行動が胸に刺さった。「こういう人間になりたい」。その決意を貫き、いま看護師として患者と向き合う。

 ○…父を亡くし、心にぽっかり空いた黒い穴。就職後、大好きな伯父が自死。「大晦日に帰れない」という連絡が最後となり、「理由を聞いてあげていたら変わっていたかも」。またも自責の念に駆られた。深まる黒い穴を緩和できたのはグリーフケアの存在。「患者さんの家族だったらどう接するか」―自身の看護観にも反映している。

 ○…隙間時間に、夫や愛犬と鎌倉や海に出掛ける何気ない日常が幸せ。たまに行くキャンプには大学生の息子も参加。「私の境遇を気遣ってくれているのかな」。一緒に暮らす母とは時々父の話にも。「たかちゃん、がんばりなさい」―父の言葉に背中を押され、ひたむきに前を見つめる。

高津区版の人物風土記最新6

脇本 靖子さん

溝口にある川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

川崎市在住 52歳

5月10日

田邊 弘子さん

高津区健康づくりのつどいを主催する「元気な高津をつくる会」会長を務める

田邊 弘子さん

北見方在住 67歳

5月3日

中山 寛隆さん

川崎市制100周年記念で演奏する合唱団に携わる、川崎市合唱連盟の事務局長

中山 寛隆さん

高津区在住 36歳

4月26日

遠藤 勝太郎さん

町会ぐるみで地域の活性化に尽力する

遠藤 勝太郎さん

子母口在住 78歳

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook