神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2024年4月19日 エリアトップへ

町会ぐるみで地域の活性化に尽力する 遠藤 勝太郎さん 子母口在住 78歳

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena

子母口の「屋台骨」支え続け

 ○…生まれも育ちも子母口。地域の活性化に尽力し続け、町会長を務める子母口北町会では住民参加型の防災訓練を企画するほか、美化活動にも早くから着手。ごみ集積場をカラス被害から守ろうと毎年10カ所ずつ、蓋つきの頑丈なボックスに刷新する取り組みは順調に進捗しているのだとか。「来年には(北町会の)ごみ集積場所がほぼ新しいものになると思いますよ」と笑顔で話す。

 ○…地元の子どもたちのことを考え「お祭り」のために奔走してきた一面も。かつて橘樹神社の例大祭は日程が決まっており、曜日に関係なく毎年10月8日の開催だったが、それを子どもたちが参加しやすいようにと日曜日への変更を神社関係者に働きかけ、実現させたことも。ここ数年はコロナ禍で思うように進めることが難しかったが、近隣町会とも協力して大きな祭りにしていきたいという夢は今だ健在。「子どもに私達が住む地域を『ふるさと』と感じてもらいたいからね」

 ○…子母口のみならず、その活動は区全域にも及んでいる様子。過去には10年以上にわたり高津区区民会議の委員長を務め、区民目線で課題解決への提言を行ってきた。こうした数々の活動が認められ先頃、市の自治功労賞を受賞した。「多くの方々の協力あってのもの。感謝しています」と、しみじみ話す。

 ○…「昔から住んでいる人や、新しく来られた人が、笑顔で仲良く暮らせて、災害が起きた時にはお互いが助け合う、そんな町にしたいんですよ」と理想を話す口調は真剣そのもの。子母口エリアの歴史と文化をこよく愛し、お囃子の伝承でも重責を担うなど、その活躍は枚挙に暇がないといった様子。地元の「語り部」として今後も着実に、周囲と共に歩みを進める日々が、続く―。

高津区版の人物風土記最新6

今 哲昭さん

食物アレルギー発症予防のため、簡単に少量摂取できる離乳食の製品化・普及に取り組む

今 哲昭さん

坂戸在勤 70歳

6月14日

森 勝利さん

川崎野球協会の会長を務める

森 勝利さん

幸区在住 80歳

6月7日

戸張 美音さん

国内最高峰の競技大会「日本女子アマチュアゴルフ選手権」に臨む

戸張 美音さん

北見方在住 14歳

5月31日

脇本 靖子さん

溝口にある川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

川崎市在住 52歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook