高津区版 掲載号:2013年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

「高津ジャズコーラス ブルー・スカイズ」の代表を務める 中村碩之(ひろゆき)さん 梶ヶ谷在住 71歳

歌声響かせ「ジャズで絆を」

 ○…「ジャズにはほかの音楽にない自由さがある。そこが面白い」。2001年、洗足学園音楽大学のジャズ科開設を記念し、社会人らで結成したジャズコーラスグループ「ブルー・スカイズ」。2011年の代表就任以後、グループの運営、練習、演奏会の準備などを精力的にこなす。「歌で地域の絆を深めたい」との思いで毎週土曜、溝口など市内各地で、メンバー85人と練習に励んでいる。

 ○…2月23日の高津区民音楽祭に出演するほか、4月20日には麻生市民館で定期演奏会を開催。また毎年秋には、横濱ジャズ・プロムナードでも美声を響かせる。「1000人の会場がほぼ満席になる」ほどの人気は、プロの音楽家との本格的な練習の賜物だ。入団のきっかけはタウンニュースなのだとか。04年、タウンニュースの掲載記事でブルー・スカイズのメンバー募集情報を知り、練習を見学。「アットホームな雰囲気で、すぐに入りたくなった」とその場で入団を決めた。

 ○…山口県に生まれ、小学4年でジャズと出合った。きっかけは、米国に出張していた父親が、土産に購入した多数のジャズのレコード。独特の哀愁を帯びた音色に魅了され、ジャズにのめり込んだ。当時、テネシー・ワルツを繰り返し聴き「英語で覚えたものだよ」と懐かしそうに笑みを浮かべる。大学卒業後は化学関連会社などに勤め、米国、シンガポール、マレーシア駐在を経験。退職後は、民生委員・児童委員としても活動を続けている。

 ○…趣味はスキー。妻とともに志賀高原、蔵王、カナダのウィスラーなどのゲレンデを滑り、雄大な景色を楽しんでいるという。東日本大震災以後、ジャズ公演の際、会場での募金活動にも力を入れている。「被災地の復興を願い、微力ですがご支援を続けたい」。地元では老人ホームへの慰問公演も計画中だ。「街の皆さんを元気にしたい」との願いを込め、歌声を響かせる。

高津区版の人物風土記最新6件

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

4月6日号

阿部 眞二さん

3月19日付で高津警察署長に着任した

阿部 眞二さん

3月30日号

梶原 典夫さん

仏師で、高津区文化協会の第40回文化講座を受け持つ

梶原 典夫さん

3月16日号

田中 利男さん

梶ヶ谷4丁目町内会の会長として川崎市自治功労賞を受賞した

田中 利男さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク