高津区版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

今年5月に高津区食品衛生協会会長に就任した 藤井 博さん 坂戸在住 73歳

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena

「食」通し地域とつながる

 ○…「お客さんに安心安全の食を提供することを徹底したい」。第8代目会長に就任し、意気込みを語る。これからの時期、特に注意を払うのは食中毒。「高津から食中毒を絶対に出してはいけない」と語気を強める。「最近は感染力が強いウイルスが流行っている。店がしっかり管理すれば絶対に防げる」。正しい知識を伝えようと、会員へ講習会参加の重要性を訴える。「手洗い、うがいなど基本的なことが大切。それが自分の店を守ることになる」

 ○…溝口に「レストランユニオン」を開店して47年。ナポリタン、オムライスから始まった洋食店は、現在、定食を含む100種類近くのメニューを揃える。「常連さんが飽きないようにしていたら、こんなに増えてね」とにっこり。モットーは「地域の人と一人でも多く知り合いに」。店を通じて知り合った飲み仲間とは、現在も月に1度集まり、旅行へ行くことも。「切符や宿の手配、道中で飲むみんなのお酒も用意するよ。人の面倒見るのが好きなんだね」。この人柄が地元に愛されるレストランをつくった。

 ○…出身は北海道、農家の三男に生まれ、18歳の時に上京。手に職をつけようと、夜間は調理師学校へ通い、昼間は野毛にある洋食レストランで働いた。同店の「何度でも食べたくなる味」はユニオンの原点。奥さんと出会ったのもこの場所だ。「横浜中区、西区、保土ヶ谷区辺りは知らない道がないくらい洋食を食べ歩いたよ」と懐かしむ。卒業後はホテルで5年間修行。大衆食堂で学んだ後、開店した。一昨年、夫婦で働いていた野毛のレストランを訪問。「ナポリタンの味が変わっていなかった」と嬉しそうに目を細めた。

 〇…店の後継者不足、長引く不況など飲食業界は課題も多い。「『暇だ』と困っていないで、自分でアイデアを出してお客さんに来てもらわなきゃ。前向きな人が沢山いれば状況は変わる」。次世代を担う若手を根気よく育てていきたい。
 

高津区版の人物風土記最新6

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

西堀 裕太朗さん

「全国きき酒選手権大会」に神奈川県代表として出場した

西堀 裕太朗さん

千年在住 30歳

11月29日号

KEITAさん(本名:田中 啓太)

溝口エリアのイベント「ノクチ ディスコ」を成功に導いた

KEITAさん(本名:田中 啓太)

二子在住 41歳

11月22日号

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

武井 慎一郎さん

地元ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動をサポートする

武井 慎一郎さん

北見方在住 53歳

11月1日号

丸山 佑樹さん

開業支援につながるシェアマーケット「ノクチラボ」プロジェクト代表を務める

丸山 佑樹さん

溝口在住 38歳

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その3 石塚 卯三夫さん

    12月6日号

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    11月29日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その2 石塚 卯三夫さん

    11月29日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク