高津区版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

川崎市出身で、今シーズンから川崎フロンターレでプレーするフォワード 森本 貴幸さん 麻生区在住 27歳

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena

地元川崎で輝くスターに

 ○…得点力アップを図るチームの得点源として期待され、ジェフユナイテッド千葉から今季移籍した。フロンターレの中心選手はタレント揃い。「素晴らしいパサーがいるチーム。自分の持ち味は、裏に抜けるスピードとポジショニング。そこを生かしてくれるチームだと思う」と期待に胸を膨らませる。「幼稚園、小中学校と育った地元でプレーできることは嬉しい。川崎のために頑張りたい」

 ○…宮前区生まれ。幼稚園の時に兄の影響でサッカーを始め、小学5年からはヴェルディのユースチームで実績を積み、頭角を現す。そして、Jリーグ史上最年少の15歳で公式戦出場を果たすと、J1史上最年少得点の記録も打ち立てた。その後、イタリアやUAEのクラブに所属。「海外では、同じポジションの選手がライバルで、練習から活躍しないと先が無い。自分を強く持てるようになった」と語り、経験が自信になった。

 ○…「リラックスできる場所は実家かな」。休みができると、栄養面など体調管理をサポートしてくれる夫人や生まれて間もない長男と一緒に実家に戻り、家族と過ごす。溝口や小杉などで買い物や食事を友人と楽しむ日もあるという。「等々力がホームなら地元からも近いし、頻繁に応援に来てくれたら嬉しい」と微笑み、愛する地元に密着してサッカーに打ち込む。「子どもの頃は招待券をもらってフロンターレの試合を見に行っていた」。今度は、自分が川崎の子どもたちを喜ばせる番だ。

 ○…フロンターレの印象について、「J1で優勝争いできるチーム」と即答。「中心選手との練習で、技術を吸収できるのが楽しみ」と語る。「ポジション争いも激しいと思うが、試合に出て自分のゴールで勝利に導きたい」と表情を引き締める。そして、フロンターレファンが抱く期待に応えるように、「絶対タイトルを獲りたいですね」。地元川崎の声援を力に変え、輝くパフォーマンスを見せる。

高津区版の人物風土記最新6

森 繁昭さん

今春、高津区老人クラブ連合会会長に就任した

森 繁昭さん

下野毛在住 75歳

6月21日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

谷 りりさん

「ごはんソムリエ」としてお米の美味しさを地域に広める

谷 りりさん

区内在住 52歳

5月17日号

ハキマ バトハウイさん

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める

ハキマ バトハウイさん

中原区在住

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク