高津区版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

ボブスレーの五輪強化指定選手として2018年の平昌冬季五輪を目指す 川崎 奈都美さん 子母口出身 27歳

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

ポジティブに世界に挑む

 ○…「氷上のF1」とも呼ばれるボブスレーの五輪強化指定選手として平昌冬季五輪を目指す。「ボブスレーに出会えたのは私の運命。最初で最後の挑戦としたいから後悔だけはしたくない」と五輪に向けた覚悟は相当だ。27日にはエポックなかはらで『世界と闘うポジティブ人生』と題した講演をする。「話は苦手ですが、地元でこのような機会をつくって頂き嬉しい。小さな光だけをみて前向きに進んできた私の人生話に耳を傾けてもらえれば」と話す。

 ○…東海大学2年の時に授業でボブスレー協会の話を聞き練習会に初参加。「当時の基準は走れて体重がある人だった」と苦笑い。60m6秒の俊足をいかし新人ながら選考会で勝ち残り、デビュー戦はいきなり海外。しかし結果は出せず、「悔しかったが、世界で活躍する選手を見てもっと速く滑りたいという気持ちが強くなった」と闘志に火が付いた。大学4年の時には全日本選手権3位になるなど着実に力をつけてきた。ソチ五輪では強化費の都合上男子チームしか出場出来ずに「マイナースポーツの厳しさを実感した」が希望を捨てることはなかったという。

 ○…高津区子母口生まれ。東橘中時代は陸上部に所属しハードル選手として活躍。「身長が160cm以上あって周りに比べるとハードルが低くみえていた。走るたびに記録も出て楽しかった」と市の大会では常に上位だった。陸上と共に夢中になったのが友達との時間。「ノクチ集合」を号令に溝口に集まりカラオケやプリクラ撮影を楽しんだという。現在も市内のスポーツクラブに通うなど「川崎っ子の川崎です」と笑う。

 ○…3人兄弟の長女で姉御肌。子ども好きという一面を持ち、将来は「子ども達に経験を伝えられる仕事をしたい」と微笑む。「迷惑をかけた家族や仕事を与えてくれた企業など支えてくださる方々のおかげで競技を続けられている」と感謝の思いが成長へのモチベーションとなっている。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

加藤 梨里香さん

来年公演のミュージカル「レ・ミゼラブル」にコゼット役で出演する

加藤 梨里香さん

高津区在住 22歳

10月30日号

横山 邦子さん

先頃秋季大会を行った「高津区ゲートボール協会」の理事長を務める

横山 邦子さん

子母口在住 75歳

10月23日号

金屋 隼斗さん

マニフェスト大賞(関東選抜)に選ばれたNPO法人理事長の

金屋 隼斗さん

東野川在住 44歳

10月16日号

川島 哲男さん

川崎野球協会の6代目会長を務める

川島 哲男さん

川崎区在住 83歳

10月9日号

三角 香代さん

「コネクションズかわさき」の所長・総括コーディネータ―を務める

三角 香代さん

溝口勤務 57歳

10月2日号

甲賀 哲朗さん

本紙連載「市民健康の森だより」の文章・構成を担当している

甲賀 哲朗さん

坂戸在住 72歳

9月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク