高津区版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

地域のイベントでバルーンアートを披露する 中村 俊彦さん 末長在住 72歳

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena

笑顔と探究心 原動力に

 ○…カラフルな風船を膨らまし、慣れた手つきで花のブレスレットや剣、サンタを作りあげる。少年補導員を務めていた時、啓発活動で子どもの目を引くために始めたバルーンアート。本を見ながら独学で学び15年。現在は、社協のクリスマス会や地域の養護学校、宮崎中学校の祭りなど、多い時は年10回ほど出演依頼を受けるほどになった。「やっているうちに、もう少し凝ったものを作りたくなっていって。いつの間にかこんな感じに」。レパートリーは50に上るという。

 ○…市青少年指導員を48年間、その後少年補導員を20年間務めた。「頼まれるとつい引き受けてしまう」。そんな性格でバルーンアートも仲間から誘われたことがきっかけだ。それでもやりがいは子どもたちの笑顔。印象に残るのは、中学校の祭りで手伝いに来た男子生徒たちだ。体験に来た子どもたちのサポートをしてもらい「あんなに小さい子にありがとうと言われるのは初めて」と喜ぶ様子を見た。「あれは嬉しかったね」と顔が綻ぶ。

 ○…生まれは母の疎開先だった群馬県。小学1年のときに梶ヶ谷へ。宮崎小、宮崎中出身。18歳の時、高校を中退して兄が設立した鈑金工場へ。月が替わった途端に一切仕事がなくなるなど苦労もあったが、今も自動車整備工場の鈑金をメインに81歳の兄と二人で続けている。仲間から頼まれて多摩川鮎を焼くステンレス串を300本以上作ったことも。「身がほぐれないと好評だったよ」と誇らしげだ。「来た仕事は断らない」。その姿勢が工場を支えた。

 ○…妻と二人暮らし。趣味は20代の頃から始めた登山。マラソンや筋トレで体力をつけ、20kgあるザックを背負い年5、6回谷川岳や至仏山などを登る。「こんなに辛い思いをしてまで、と思うけどついまた登ってしまう」と笑う。「今度は孫と一緒に」と、現在小学2年生になる孫を勧誘中だ。挑戦してのめり込み、楽しむ。それが中村流だ。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

加藤 梨里香さん

来年公演のミュージカル「レ・ミゼラブル」にコゼット役で出演する

加藤 梨里香さん

高津区在住 22歳

10月30日号

横山 邦子さん

先頃秋季大会を行った「高津区ゲートボール協会」の理事長を務める

横山 邦子さん

子母口在住 75歳

10月23日号

金屋 隼斗さん

マニフェスト大賞(関東選抜)に選ばれたNPO法人理事長の

金屋 隼斗さん

東野川在住 44歳

10月16日号

川島 哲男さん

川崎野球協会の6代目会長を務める

川島 哲男さん

川崎区在住 83歳

10月9日号

三角 香代さん

「コネクションズかわさき」の所長・総括コーディネータ―を務める

三角 香代さん

溝口勤務 57歳

10月2日号

甲賀 哲朗さん

本紙連載「市民健康の森だより」の文章・構成を担当している

甲賀 哲朗さん

坂戸在住 72歳

9月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク