高津区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

久末町内会の会長として「平成29年度川崎市自治功労賞」を受賞した 森 幸男さん 久末在住 70歳

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

努力は裏切らない

 ○…「これだけ長く町会長を続けると思っていなかった。発表後、多くのお祝いの連絡を頂いた。地域の皆さんに感謝です」と照れ笑いを浮かべる。11年間の町会長としての功績が認められ、地域住民の福祉や住民自治の振興、発展に貢献した町内会、自治会長を表彰する「川崎市自治功労賞」を昨年末に受賞した。

 ○…久末で生まれ育つ。代々この地で農業を営む家系で、10代から畑に通い続けた。「自分で作付けをして、いい野菜ができるようになってくると嬉しくてね」。それから早半世紀。今は大半を息子に任せるが、それでも毎日畑に通う。トマトやブロッコリー、大根など年間50種類以上の野菜を育て、納屋には歴代の「久末農産物品評会」の表彰状が所狭しと並ぶ。特に一昨年末の第100回品評会では6部門で受賞するなど久末を代表する生産者だ。「野菜は手を掛けた分だけしっかり応えてくれる。難しい分、努力を裏切らないね」と楽しそうに語る。

 ○…農業に勤しむ一方で、町内会や防犯協会、地区社協、農業協同組合など、数えきれない役職を引き受けてきた。幼い頃はわずか100世帯ほどだった久末も今では5000世帯近くにまで発展。町会長としてゴミ分別や街灯管理のほか、夫婦ゲンカの仲裁まで相談されるなど地域に欠かせない人となった。「大変なことも多いけれど、小さい頃は悪ガキだった私なんかを頼ってくれることが嬉しい。町会長として私なりに努力してきてよかった」と語り、「久末は人のつながりが強い地域。防犯や防災、子どもの見守りなど、みんな積極的に協力してくれることが自慢」と胸を張る。

 ○…モットーは「一生懸命働き、一生懸命遊ぶ」。友人らと年2回の旅行が何よりの楽しみで、次の計画を嬉しそうに話す。「そろそろ役職は整理して、若い人にゆだねないとね」。でも、地域への想いは人一倍。ゆっくりできるのはもう少し先になりそうだ。

高津区版の人物風土記最新6

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

武井 慎一郎さん

地元ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動をサポートする

武井 慎一郎さん

北見方在住 53歳

11月1日号

丸山 佑樹さん

開業支援につながるシェアマーケット「ノクチラボ」プロジェクト代表を務める

丸山 佑樹さん

溝口在住 38歳

10月25日号

澁谷 直子さん

農業に従事する傍ら、母家を活用したコミュニケーションづくりの場を提供する

澁谷 直子さん

末長在住 45歳

10月18日号

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク