高津区版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

創立50周年を迎えた「二子連合子ども会」の会長を務める 古屋 力さん 二子在住 54歳

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena

「挑戦に損はない」

 ○…二子地域の子ども会5団体で構成され、会員数200人以上をまとめる。8月に開催する盆踊りは50周年記念の横断幕を掲げ、特別企画を会員たちと検討中だ。子どもの頃から盆踊りに参加し「水飴や梅ジャムが楽しみで。前日からそわそわしていた」と、当時を思い返す。「大人になったとき、故郷を感じてほっとする。子どもにそんな思い出を作ることが子ども会の役割だと思う」

 ○…二子(現宇奈根)で町工場を営む両親の「地元で商売するなら地域貢献を」という姿勢に習い、5年ほど前に二子第二町会子ども会会長を務めた。活動をして驚いたのは、関わる地域の人の多さだ。祭り当日のパトロールや駐輪所整備など、子ども会以外の多くの団体がサポートする。「多くの人に守られて、50年間続けてこられた。自分も次の世代にしっかりバトンをつなぎたい」

 ○…二子に来たのは小学2年生の時。工業高校へ進み、卒業後、造船所を経て父親が興した金属焼付塗装工場へ。技術習得のために「見て学び、ダメ出し、やり直し」を繰り返す日々。お客さんから『いい仕上がりだね』と認められることが前を向かせてくれた。会社を継ぎ、経営難に陥った時は「人は財産」という父の言葉を忘れず人員削減は行わなかった。「うちを選んで働いてくれて感謝しかない」。そんな気持ちで社員と向き合う。

 ○…「やる気があるならやる。悔いはあっても損はない」。それが持論。高津小、西高津中PTA会長は、娘の学校での様子がわかるという親心で引き受けた。「初めは会長あいさつも本当に苦手で」と苦笑い。だが、仲間を飲みに誘い息抜きしながら本音を語ることは楽しみの一つに。「人との交流があるから続けられた」。仲間の活動の思いに触れ、地域への意識は強まる。

高津区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

古渡 智江さん

声楽家(ソプラノ歌手)として、長きにわたって地域に元気を届けてきた

古渡 智江さん

末長在住 73歳

2月19日号

中根 一(まこと)さん

「高津区認知症連携を進める会」主宰者の一人で、啓発オンライン講座を開催している

中根 一(まこと)さん

二子在勤 59歳

2月12日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区在住 36歳

2月5日号

内藤 岳史さん

電子機器分野で国内屈指の技術力を誇る地元・新作の製造会社の代表を務める

内藤 岳史さん

新作在勤 49歳

1月22日号

伊藤 博幸さん

高津警察署への抗菌・抗ウイルス対策を無償で行い、感謝状が贈られた

伊藤 博幸さん

溝口在勤 48歳

12月18日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク