高津区版 掲載号:2018年9月28日号
  • LINE
  • hatena

今年3月から不登校の子どもを持つ保護者を支援するセミナーなどを開催する 金子 あかねさん 末長在住 48歳

受け入れる勇気を

 ○…今年3月に高津区を中心に子どもの不登校や親子関係に悩む保護者同士で語り合うイベントを主催する市民団体「びーんずネット」を立ち上げた。今月15日に行われたセミナーでは、参加者同士でお互いの悩みを打ち明ける機会を設けた。「細く長く続けていき、不登校に限らず困っている人同士の交流の場にしたい」と強い思いを持つ。

 ○…15年前に都内から高津区に転居してきた。5年前に小3だった息子がいじめに遭い不登校に。字がうまく書けない「書字障害」も見つかり気持ちが沈んだという。そんな時に心を支えたのが、偶然目にした川崎市子どもの権利に関する条例のパンフレットだった。「おとなが幸せじゃないのに子どもだけ幸せにはなりません」という文章が目に止まり、「子どもの考えを尊重することが大事で、不登校は悪いことではない」と受け入れる決心ができた。息子は現在、フリースクールに通っているという。

 ○…「子どもの心をより深く知りたい」と思い、4年ほど前から心理学を学び産業カウンセラーの資格を取得。「学校との関係でスクールカウンセラーを利用しにくい保護者も少なくない。そういった方々の手助けになれば」と話す。

 ○…都内の出版社に勤めながらの活動は楽ではないが、直売所めぐりが気分転換。「農産物からその土地の文化を知れ、わくわくする」と微笑む。セミナーを始め、当時の自分と同様に不登校は悪いことだと悩む保護者に「不登校は子どもの選択肢の一つ」と伝えている。現実を受け入れることで新たな一歩を踏み出せるからだ。参加した保護者からの「心が温かくなった」などの言葉が活動の励みになると話す。「一人で悩みを抱え込まず周囲に相談することで保護者にも楽になってほしい」

高津区版の人物風土記最新6件

佐久間 亮さん

ジャズバンド「ザ・ショッキング」のドラマーを務める

佐久間 亮さん

3月22日号

宮田 進さん

2月に発行した「新作風土記」の編集委員会の代表を務めた

宮田 進さん

3月15日号

北野 美千子さん

高津区内で初めて開かれる「貝合わせ」の講師を務める

北野 美千子さん

3月8日号

飯嶋 隆博さん

結成10年を迎えた「高津ドリームス」の監督を務める

飯嶋 隆博さん

3月1日号

チョン ソンリョンさん

川崎フロンターレのGK(ゴールキーパー)としてプレーする

チョン ソンリョンさん

2月22日号

五味 秀二さん

溝ノ口駅前商店街振興組合の専務理事として地域の賑わいを支え続けた

五味 秀二さん

2月15日号

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク