高津区版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める 中沢 大輔さん 中原区在住 37歳

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena

笑顔に秘める強い意志

 ○…年間10万人以上が訪れる多摩川緑地バーベキュー広場で「川崎の魅力を伝える発信拠点に」とテーマを掲げる。来場者がBBQ後に楽しめるよう周辺の店舗を網羅したマップづくりや、防災キャンプなど地元商店街、団体と協力しながら取り組み、開催してきた。「来場者にすごく喜ばれたのが嬉しかった。ここに広場があってよかったと思われる仕掛けをしていきたい」と語る。

 ○…統括責任者についたのは5年前。当時は市の指定管理を受けて2年目だった。ゴミや迷惑行為が問題となる中、ルール違反を注意すると暴言、暴力を受けたことも。それでも毅然とした態度で注意を続けた。「逃げたら負け、そんな気持ちでした」と振り返る。そんな広場を快く思わない住民も多かった。責任者になり初めて参加した住民や行政などの会議では「広場に対してどんな思いを持っているのか教えて下さい」と対面して意見を求めた。騒音、ゴミ、駅前混雑、中には『いらない』という厳しい意見も。「顔を合わせて意見をもらうことが大切」。清掃の強化、繁忙期の駅前整備員など「できることから」取り組んでいる。

 ○…埼玉県出身。穏やかな風貌に似合わず、小学1年生から続ける剣道は5段、国体3位の腕前。「忍耐と努力を学びました」と笑う。剣道の実績で進学した高校では早朝5時から夜8時まで200試合をこなす猛稽古の日々。「先輩が怖くて休めなかった」と冗談めかすが、この経験が困難を乗り越える強さを培った。

 ○…妻と市内で暮らす飲食店を巡りが好きで3年ほど諏訪にいたこともあり区内飲食情報ツウ。路地裏に隠れたどんな店も妻や同僚と訪れる。「店名が小さい店構えは美味しい」と独自理論も。自ら見つけた街の魅力を広場で発信する日も近い。

高津区版の人物風土記最新6

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

武井 慎一郎さん

地元ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動をサポートする

武井 慎一郎さん

北見方在住 53歳

11月1日号

丸山 佑樹さん

開業支援につながるシェアマーケット「ノクチラボ」プロジェクト代表を務める

丸山 佑樹さん

溝口在住 38歳

10月25日号

澁谷 直子さん

農業に従事する傍ら、母家を活用したコミュニケーションづくりの場を提供する

澁谷 直子さん

末長在住 45歳

10月18日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク