高津区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める 瀧澤 純二さん 宮前区在住 71歳

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

「草野球」「焼鳥」二刀流で

 ○…溝口にある焼鳥屋のカウンターが定位置。今日も上機嫌でグラスを傾ける。お店の常連客同士が草野球チーム「川崎リバース」を結成したのは約四半世紀前。勝利至上主義とは真逆のアットホームな雰囲気がチームカラー故に、試合結果は二の次。プレーを楽しみたい人が気軽に集う、早朝野球の”老舗”として活動を続けてきた。

 ○…元々は、準硬式野球でのプレー経験もある名捕手。市役所勤務時代は職員のチームで鳴らし、川崎リバースでは監督を務めるまでに。だが草野球に求められてるのは「楽しむこと」と信じ、有力選手をスカウトしたり、緻密な采配を揮ったりとは全くの無縁。「だって(送りバントなどの)サインを口で言っちゃうもん」と、子どもの様な笑顔で話す。

 ○…チームには未経験者も多数在籍。これまでにチームのユニフォームに袖を通したことのあるOB選手の数だけでも150人近くにのぼる程、門戸は広い。一方悩みは「来てくれるメンバーを皆、試合に出してあげられない事」。少しでも出場機会を拡げようと、チームを分割して欧州の強豪サッカーチームさながらの「ターンオーバー制」を敷いたことも。

 ○…そんな思いやりある運営方針がまとめて結実。監督の人柄に惚れ込んだ若手の「常連客」が次々と入団を希望し、チーム強化が瞬く間に進捗。24年間で一度も獲れなかった「早朝野球王座」の栄冠に2年連続で輝く名将となった。先日2度目の優勝時に胴上げを発案したのは若手選手だった事は、至高の喜びだったようで「本当に良いメンバーに恵まれていますよ」と、孫ほど歳の離れた選手を評する姿はまさしく好々爺。今後も「草野球」と「焼鳥」の二刀流で、理想のセカンドライフを体現する。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

西堀 裕太朗さん

「全国きき酒選手権大会」に神奈川県代表として出場した

西堀 裕太朗さん

千年在住 30歳

11月29日号

KEITAさん(本名:田中 啓太)

溝口エリアのイベント「ノクチ ディスコ」を成功に導いた

KEITAさん(本名:田中 啓太)

二子在住 41歳

11月22日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

武井 慎一郎さん

地元ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動をサポートする

武井 慎一郎さん

北見方在住 53歳

11月1日号

丸山 佑樹さん

開業支援につながるシェアマーケット「ノクチラボ」プロジェクト代表を務める

丸山 佑樹さん

溝口在住 38歳

10月25日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その3 石塚 卯三夫さん

    12月6日号

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    11月29日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その2 石塚 卯三夫さん

    11月29日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク