高津区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

声楽家(ソプラノ歌手)として、長きにわたって地域に元気を届けてきた 古渡 智江さん 末長在住 73歳

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena

満を持す「七色の歌声」

 ○…トップクラスのソプラノ歌手として、また声楽家としてクラシックに演歌、カンツォーネに童謡…。あらゆるジャンルを歌い上げる「七色の歌声」で、多くの人を魅了し続けてきた。地元を拠点に多くの人に歌唱指導なども行い、自身のディナーショー開催歴は30年以上。常々「歌うことが本当に大好き。一緒に歌ってくれる人がいると、もっと嬉しくなる」と公言し、ファンや友人、高津区内外の後援者と共にアーティスト人生を謳歌してきた。

 ○…本来ならば昨年、後援会25周年などということもありい各種イベント等が盛り沢山といった予定だったが、折からのコロナ禍で軒並み夢散。コンディション維持のためのボイストレーニングを続ける傍ら、レッスン生の要望応えるべくオンラインでの歌唱指導などの方法も模索しているが、忸怩たる思いは募る一方といった様子。「やっぱり、皆で楽しく歌えないのはつまらないですね」と肩を落とす。

 ○…とはいえそこは生粋のエンターテイナー。「家にいる時間を少しでも充実させようと、エコバックの製作をはじめたのよ」とニッコリ。手先の器用さも相まって、これまで仕上げた作品数は数知れず。作り方指南も引き受けるなど「皆で楽しむ」というモットーを貫くため、こんな世でも必死に前を向く。

 ○…歌い手として活躍する一方、2016年からは川崎北ライオンズクラブ(LC)の会長も務め、会員を束ね活動を盛り上げている。社会奉仕活動についてもこの1年は、厳しい状況が続いているが、持ち前のバイタリティに懸ける周囲の期待も大きい。ウイルスのワクチン接種が奏功し、停滞した世相に収束の気配が到来した時、その七色の歌声が再び聴衆に元気を与えるに違いない。

高津区版の人物風土記最新6

鈴木 公人(ひろひと)さん

高津警察署長に就任した

鈴木 公人(ひろひと)さん

溝口在住 59歳

4月23日号

熊谷 智子さん

高津消防署の署長に就任した

熊谷 智子さん

東京都在住 56歳

4月16日号

中野 絢斗(けんと)さん

25歳以下のコミュニティ「かわさき若者会議」を立ち上げた

中野 絢斗(けんと)さん

坂戸在住 23歳

4月9日号

藤久保 正徳さん

「環境づくり」の活動が高評価を受けた明津町内会の会長を務める

藤久保 正徳さん

明津在住 72歳

4月2日号

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

第24回岡本太郎現代芸術賞で 「岡本敏子賞」を受賞した

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

坂戸在住 51歳

3月26日号

松本 智春さん

市立高津高校定時制の教員で、TEAM NETSUGEN(チーム ネツゲン)を主宰する

松本 智春さん

久本在勤 51歳

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter