高津区版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

川崎市地球温暖化防止活動推進センターのセンター長に7月に就任した 庄司 佳子さん 幸区在住 69歳

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena

身近なこと、きっかけに

 ○…これまではスタッフとして動いていたが、センター長になってからは関わり方や見方が大きく変わった。「今までは自分の仕事から他を見てたけど、全体を見てからのバランスを見ないといけない」と気を引き締める。市が進める脱炭素戦略のモデル地区に指定されている溝の口。「事業者との関係を深めて、脱炭素の取り組みを具体的に進めていきたい」と前を見る。

 ○…1998年に市が進めた地球温暖化防止活動に関する行動計画を策定する市民部会でセンターを立ち上げた。自身も開設メンバーの一人だ。「脱炭素という言葉もようやく浸透してきたように感じる。でもまだまだ余地はある」。環境問題と聞くと遠く感じてしまう人もいるかもしれない。しかし、「日常の中に関わってくるもの。生活に取り入れて、脱炭素を楽しんでもらいたい」と微笑む。

 ○…自宅の前は矢上川が流れる。今は改善されたが、90年代は水質も悪く、ゴミの放置も目立っていた。身近な河川に関心を持ち、市の地域環境育成講座を受講。「私の足元から地球が始まる」という講師の言葉に感銘を受けた。さらに活動を広げようと、「矢上川で遊ぶ会」を発足。「身近なところで自然に親しむことが大事。実際に体験して自然を大切に思う心を育みたい」と語る。自然を見つめ直すきっかけとなった活動の一つで、今もなお代表を務める。

 ○…環境だけでなく、まちづくりや福祉など市民活動はすべてつながっているという。「どこから入っても同じ。皆さん素晴らしい意欲や熱意を持っている。そんな人たちの活動拠点をつくりたい」と先を見据える。「でもまずはセンター。拠点づくりはまだちょっと先になるかな」と付け加えて、笑った。

高津区版の人物風土記最新6

田原 田鶴子さん

nokutica(下作延)で個展「氷と後光」を開いた

田原 田鶴子さん

宮前区在住 65歳

11月26日号

友兼 大輔さん

川崎市子ども夢パークの所長を務める

友兼 大輔さん

溝口在住 41歳

11月19日号

山本 詩野さん

減災レシピジッパーの開発に協力した「溝の口減災ガールズ」の代表を務める

山本 詩野さん

久本在住 53歳

11月12日号

笠(りゅう) 秀則さん

川崎北税務署の署長に7月に着任した

笠(りゅう) 秀則さん

久本在勤 60歳

11月5日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月22日号

今成 研汰さん

全国高等学校定時制通信制体育大会の自転車競技大会で優勝した

今成 研汰さん

橘中学校出身 19歳

10月15日号

川崎市北部のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook